鳴滝駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鳴滝駅
駅全景(手前が北野白梅町・向こう側が帷子ノ辻方面)
駅全景(手前が北野白梅町・向こう側が帷子ノ辻方面)
なるたき - Narutaki
B4 宇多野 (0.5km)
(0.3km) 常盤 B2
所在地 京都市右京区鳴滝嵯峨園町
駅番号 B3
所属事業者 京福電気鉄道
所属路線 北野線
キロ程 2.6km(北野白梅町起点)
駅構造 地上駅
ホーム 相対式2面2線
乗降人員
-統計年度-
789人/日
-2013年-
開業年月日 1926年(大正15年)3月10日
テンプレートを表示

鳴滝駅(なるたきえき)は、京都市右京区鳴滝嵯峨園町にある京福電気鉄道北野線駅ナンバリングB3

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式2面2線ホームを持つ地上駅。駅構内踏切(第4種)で2つのホームが結ばれている。なお、この構内踏切は2011年3月に帷子ノ辻駅に構内踏切が設置されるまで、長らく嵐電唯一のものであった。この駅と常盤駅の間は複線になっている。出入り口は帷子ノ辻方面行きホームにはホーム中ほどに1か所、北野白梅町方面行きホームにはホームの両端2か所にある。

帷子ノ辻方面行きホーム側出入口

駅周辺[編集]

当駅と隣の宇多野駅との間では、線路の両脇にソメイヨシノが植えられ桜並木となっており、「嵐電桜のトンネル」と呼ばれている[2](画像については、京福電気鉄道北野線#桜のトンネルを参照)。

隣の駅[編集]

京福電気鉄道
北野線
宇多野駅 (B4) - 鳴滝駅 (B3) - 常盤駅 (B2)
  • 括弧内は駅番号を示す。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄』4号 京福電気鉄道・叡山電鉄・嵯峨野観光鉄道・京都市交通局、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2011年4月3日、8-9頁。
  2. ^ 鳴滝(嵐電観光マップ)”. 嵐電(京福電気鉄道). 2016年1月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 鳴滝 - 「嵐電」(京福電気鉄道)