鳴海信輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鳴海 信輔(なるみ しんすけ、1912年明治45年) - )は昭和期の歌手。

経歴[編集]

青森県弘前市出身。1912年、弘前市内の百石町の筋にあった呉服屋「久一鳴海」の家に生まれる。 父は鳴海伝次郎。母はヒサ。長兄は鳴海順一郎。

東洋音楽学校卒業後、1942年昭和17年)デビュー。同年発売した「空の神兵」(梅木三郎作詞、高木東六作曲)が大ヒットする。

翌年、「戦友の遺骨を抱いて」のビクターレコード版を吹き込む(この曲は各社競作)。戦後は作曲活動などを行う。

戦後、(甥である筆者の父の弁によると)軽薄化していく芸能界に嫌気が差したらしく、表立った音楽活動よりも加藤登紀子にしきのあきらといった、他の歌手の歌唱指導を主としていた。