鳳林鎮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
花蓮県の旗 花蓮県 鳳林鎮
別称: 馬利勿
鳳林車站-1.JPG
地理
Karen hourintin.svg
位置 北緯23°45'
東経121°26'
面積: 120.5181 km²
各種表記
繁体字: 鳳林鎮
日本語読み: ほうりん
拼音: Fēnglín
通用拼音: Fonglin
注音符号: ㄈㄥ ㄌㄧㄣˊ
片仮名転写: フォンリン
台湾語: Hōng-lîm
客家語: Fung-lìm
アミ語: Marlimu
行政
国: 中華民国の旗 中華民国
行政区分:
上位行政区画: 花蓮県の旗 花蓮県
下位行政区画: 12里229鄰
鳳林鎮長: 蕭文龍
公式サイト: 鳳林鎮公所
情報
総人口: 11,216 人(2015年1月)
世帯数: 4,413 戸(2015年1月)
郵便番号: 975
市外局番: 03
鳳林鎮の木: -
鳳林鎮の花: -
鳳林鎮の鳥: -

鳳林鎮(ほうりんちん、フォンリンちん)は台湾花蓮県。鎮内では台湾語よりも客家語阿美語が多く話されている。

地理[編集]

鳳林鎮は花蓮県中央部に位置し、北は寿豊郷と、東は寿豊郷および豊浜郷と、西は万栄郷と、南は光復郷とそれぞれ接している。

行政区[編集]

鳳仁里、鳳義里、鳳礼里、鳳智里、鳳信里、林栄里、南平里、北林里、大栄里、山興里、森栄里、長橋里

歴史[編集]

鳳林鎮は開発が開始された当初は「馬里勿(マリバシ)」と称された。これはアミ語に由来し、「高台」を意味する言葉である。「鳳林」の由来は鳳林が開発される以前は森林地帯が広がり、大木に木蘭が咲く風景が鳳凰は羽根を伸ばす姿に見えたことから「鳳林」と稱される。またこれ以外に清代に台東直隸州「奉」郷に属しており、「奉」と「鳳」が同音であり、また南に信村、北に栄村があったことから、中間に位置したこの地域を「鳳林」と称すようになったという説もある。
鳳林は清代は台東直隸州に属し、日本統治時代に鳳林区、鳳林郡、鳳林庄、鳳林街と名称の改編が続いた。1946年に鳳林鎮に改編され現在に至っている。

政治[編集]

行政[編集]

鎮長[編集]

歴代郷長
氏名 着任日 退任日

対外関係[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]

国内[編集]

経済[編集]

教育[編集]

国民中学[編集]

県立

国民小学[編集]

県立

交通[編集]

種別 路線名称 その他
鉄道 台東線 林栄新光駅 南平駅 鳳林駅 万栄駅
省道 台9線 通称花東公路
省道 台16線

観光[編集]

観光スポット[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]