鳥飼駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鳥飼駅
鳥飼駅(1983).jpg
駅舎
(1983年(昭和58年)3月撮影)
とりかい
Torikai
小笹 (2.4km)
(1.7km) 西新
所在地 福岡県福岡市城南区鳥飼六丁目
所属事業者 日本国有鉄道
所属路線 筑肥線
キロ程 7.2km(博多起点)
電報略号 トリ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
開業年月日 1925年(大正14年)6月15日
廃止年月日 1983年(昭和58年)3月22日
備考 有人駅
福 福岡市内
テンプレートを表示
ホーム状況(1980年頃)

鳥飼駅(とりかいえき)は、かつて福岡県福岡市城南区1972年4月1日 - 1982年5月9日西区)にあった日本国有鉄道(国鉄)筑肥線

1983年3月22日に、筑肥線と福岡市地下鉄1号線直通運転が開始されたのに伴う筑肥線の博多駅 - 姪浜駅廃線により廃駅となった。廃線区間の駅の中では比較的利用客が多かった駅であった。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する交換可能駅。かつては貨物輸送も盛んで、多くの側線を有していた。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
筑肥線
小笹駅 - 鳥飼駅 - 西新駅

廃駅跡と現状[編集]

駅跡地に立つ城南保健所。奥の緑色の屋根のマンションは、上の画像のマンションと同じ建物である。

現在、駅跡地には城南区役所・城南保健所が建設されている。駅周辺もバブル期以降、マンションや雑居ビルが乱立してしまったため当時の風景は失われてしまった。 しかし、急激に都市化が進んだことで再び鉄軌道系の交通機関の整備が求められるようになり、筑肥線廃線から20年以上経過した2005年2月に福岡市地下鉄七隈線が開業し、かつての鳥飼駅から南に100mの道路下に地下鉄別府駅が設置された。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]