鳥追お松

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鳥追 お松とりおい おまつ、生没年不詳)は、明治時代毒婦。東京谷中の小屋者の娘。鳥追いを業とした。美人の名高くして、情事の数々を尽くし、悪事を重ねたという。[要出典]

久保田彦作『鳥追阿松海上新話』(錦栄堂1878年)など小説に、また『廿四時改正新話』など歌舞伎にも扱われた。

その実在を疑うむきもある。[誰?]