鳥居忱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鳥居忱(1910年頃)

鳥居 忱(とりい まこと、嘉永6年8月22日1853年9月24日[1][2] - 大正6年(1917年5月15日)は、日本の作詞家。本名は忠一(ただかず)、初名は尾巻(おまき)。忱は通称。父は壬生藩江戸家老鳥居志摩(忠敦)[1]

経歴[編集]

江戸の大名小路(現在の東京都千代田区丸の内若年寄役屋敷で生まれる。1870年大学南校(現在の東京大学)一年修業。1874年東京外国語学校(現在の東京外国語大学)入学、五年修業。1880年ルーサー・ホワイティング・メーソンに師事し、音楽取調掛(現在の東京芸術大学音楽学部)に入学。1882年音楽取調掛雇。第一高等中学校(現在の東京大学教養学部)雇、東京音楽学校(現在の東京芸術大学音楽学部)教授嘱託、1891年教授。1913年病気のため退官。1917年5月15日死去、享年65。

瀧廉太郎が作曲した「箱根八里」の作詞者として知られる。

作品[編集]

  • 唱歌長岡少尉(永井建子作曲)
  • 旅順閉塞(今井慶松作曲)
  • 箱根八里(滝廉太郎作曲)
  • セザール・マラン作詞・曲「秋のあわれ」訳詞
  • 宮城県登米市立佐沼小学校校歌(明治29年(1896)9月 作詞・作曲)

著書[編集]

  • 『音楽道のしるべ』千鍾房 1887-1888
  • 『音楽理論』金港堂 1891
  • 『竹取物語析義』須原屋、嵩山房 1892
  • 『支那征伐軍歌全集』春陽堂 1894
  • 『大東軍歌 雪月花』編 大日本図書 1895
  • 『方丈記析義』編 大日本図書 1898
  • 『古今和歌集序析義』大日本図書 1901
  • 『戦響歌譜 5』弘文館 1904
  • 『吉野拾遺要鈔』学海指針社 1911
  • 『歴史唱歌 忠君憂国 1』天香閣 1911
翻訳
  • Albert le Roy, Gustave Ducoudray 合著『哲学一斑』普及社 1887

脚注[編集]

  1. ^ a b 池田小百合なっとく童謡・唱歌
  2. ^ 安政2年5月4日1855年6月17日)説もある(d-score)が、墓碑(鳥居 忱 關係資料)では享年が「六拾五才」とされている。

参考[編集]

  • 『日本近代文学大事典』講談社、1984年
  • 『登米市立佐沼小学校ホームページ』