鳥取エクスプレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鳥取エクスプレス(とっとりエクスプレス)は、かつて岡山県岡山市真庭市津山市鳥取県鳥取市を結んでいた高速バスである。

なお、日本交通では岡山エクスプレスと案内されることがある。

概要[編集]

1日3往復運行していた。

起点と終点の間が一部を除き高速道路(山陽自動車道岡山自動車道中国自動車道鳥取自動車道)で直結されているにもかかわらず、佐用JCT経由の大回りを避けるために、途中の津山IC - 智頭IC間は一般国道である国道53号を経由してショートカットするという経路上の特徴を持つ。

予約[編集]

3往復全便座席指定制で、インターネット・コンビニ(ローソンファミリーマート)予約(発券)・メール予約も可能だったが、当日空席がある場合に限り予約なしでも乗車できた。

歴史[編集]

  • 2001年(平成13年)11月 - 1日2往復で運行を開始[1]
  • 2003年(平成15年)3月 - 1日4往復に増便[1]
  • 2004年(平成16年)12月10日 - 津高(シモデン津高駐車場)、北房水田(岡山道)、津山北(中国道)に停車開始。
  • 2005年(平成17年)9月 - 1日3往復に減便[1]
  • 2008年(平成20年)9月1日 日本交通担当便のみで実施していた飲料サービス(水・湯・茶)を廃止(下津井電鉄担当便は当初からなし)。
  • 2009年(平成21年)4月1日 - 智頭 - 河原間が鳥取自動車道経由に変更、それに伴い用瀬・河原両バス停を変更。
  • 2010年(平成22年)
    • 4月1日 - 河原 - 鳥取間が鳥取自動車道経由に変更。
    • 6月1日 - 岡山駅前の発着場所を、ワシントンホテルプラザ前(12番乗り場)から岡山駅西口バスターミナル(26番乗り場)へ変更。
  • 2012年(平成24年)12月10日 - 天満屋バスセンターの停車を廃止。
  • 2014年(平成26年)9月30日 - この日の運行をもって廃止となった[1]

運行会社[編集]

運行経路・停車停留所[編集]

太字は停車停留所。岡山県内及び鳥取県内での相互の乗降はできない。

運行回数[編集]

  • 昼行3往復

車内設備[編集]

  • 3列シート(4列シートの場合あり)
  • フットレスト
  • 読書灯
  • おしぼり

運行車両[編集]

  • 原則として、3列シート、トイレ付きのハイデッカーで運行されているが、4列シート、トイレなし、または4列シート、トイレ付きに変更される場合がある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 川瀬慎一朗(2014年8月20日). “高速バス:鳥取−岡山結ぶ路線廃止 来月末で”. 毎日新聞 (毎日新聞社)