鳥中華

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鳥中華
発祥地 日本の旗 日本
地域 山形県
テンプレートを表示

鳥中華(とりちゅうか)は、山形県発祥の料理である。"蕎麦店から生まれたラーメン"として親しまれている[1]

概要[編集]

蕎麦のつゆに使われる和風だしのスープにラーメンの中華麺を入れ、鶏肉天かす海苔などをトッピングした料理である。山形県内の蕎麦屋などで提供されている。

誕生は天童市にある1861年創業の「手打 水車生そば」であるとされ、元々は賄い料理として提供していたものである。その賄いで出していたものを近所の温泉街の酌婦が聞きつけ、そこから裏メニューとして一般客に提供していた。その後、メニュー化し知れ渡っていった。B級グルメのコンテストでは過去に全国6位に選ばれた実績も持つ[2][3]

2019年2月11日にはヤマダイよりカップ麺として「大盛山形鳥中華」が発売された[4]

脚注[編集]

  1. ^ まかないから生まれた山形の名物ラーメン「手打 水車生そば」”. ウォーカープラス. 2019年7月12日閲覧。
  2. ^ “山形の次世代B級グルメ「鳥中華」を追え!”. (2011年8月7日). https://www.excite.co.jp/news/article/E1312269903775/?p=2 2019年7月12日閲覧。 
  3. ^ 鳥中華”. ケンミン食. 2019年7月12日閲覧。
  4. ^ “ヤマダイ、カップ麺「山形鳥中華」発売”. 日本食糧新聞電子版. (2019年1月30日). https://news.nissyoku.co.jp/news/kubo20190124095332274 2019年7月12日閲覧。