鳥カ道林

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
本来の表記は「鳥窠道林」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

鳥窠道林(ちょうか どうりん、741年 - 824年)は、中国代の禅僧である。杭州富陽県(浙江省富陽市)の出身。円修禅師と諡された。白居易との交流で知られる。

生涯[編集]

9歳で出家して、21歳の時に荊州(湖北省江陵市)の果願寺で具足戒を受ける。その後、長安に行き、西明寺の復礼に師事して、『大乗起信論』や『華厳経』を修学した。

大暦3年(768年)、代宗径山道欽を宮中に召された時、その禅法を受けた。後、杭州の秦望山に隠れ、長松の枝葉が茂った中に住したことから、「鳥窠禅師」または「鵲巣和尚」と呼ばれた。

杭州太守の白居易が仏法の大意を問うた所、「諸悪作すことなかれ、衆善奉行せよ」という『七仏通誡偈』の有名な一部でもって答えた。白居易が「3歳の幼児でも知るところだ」と不服を述べると、「三つの童子でも知っているが、80歳の老人でもそれを行なうことは出来ない」という答えが返って来た。そこで、白居易はその意を理解し、竹閣(広化寺)を建てて、そこに移られた。以後、朝に夕に訪れては、参禅したという。

伝記資料[編集]