鳥は鳥であるために

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

鳥は鳥であるために』(とりはとりであるために)は、メディアファクトリーMF文庫Jより刊行されている野島けんじによる日本ライトノベルイラスト沖史慈宴が担当。

あらすじ[編集]

憑いた人間に不利益を与えるもの、「呪(じゅ)」が存在する世界。「呪」に憑かれた「呪受者」である小笹志朗はある日突然現れたメイドに拉致され、地域の資産家である水星家に連れてこられてしまう。そして、「呪受者」であることを公表されたくなければ、水星の娘に憑いた「呪」を祓うように脅迫される。

自らの「呪」むぅちぃで娘の「呪」を祓った志朗は用済みとばかりに水星家を追い出されてしまうが、帰る途中に水星家の別の娘、小鳩から「人捜しを手伝ってほしい」と頼まれて…

登場人物[編集]

小笹 志朗(おざさ しろう)
主人公。石楠花学院高等部一年生。表面的には明るく振舞っているが、「呪受者」であることを理由に虐げられた経験があるため人との関わりを持つことを恐れている。
小笹 菓(おざさ このみ)
志朗の妹。石楠花学院中等部一年生。自他共に認めるお兄ちゃんっ子。入学一ヶ月で高校生・大学生を含め5回告白されたという可愛らしさを持つ。自身は「呪受者」ではないが、「呪」を見ることができる。感情豊かで行動力がある。当初は小鳩を「志朗を狙う害虫」と認識していたが、事情を聞いてからは一転積極的な協力を申し出る。
水星 小鳩(みずほし こばと)
水星家の娘。石楠花学院高等部一年生。その身には五体の「呪」が宿っており、普段は特殊な手袋で封印している。行方不明になった兄を探しており、そのために「呪受者」としての志朗に協力を願い出る。

用語[編集]

いわゆる呪いが形をもったもの。恨みを持って死んだ人間に対応する形で現れる。取り憑かれた人間は「呪」に応じた不利益を被ることになる。「呪」は「呪受者」以外に見ることはできない。また、「呪」以外によって傷つけることもできない。攻属と守属に分類される。
呪受者
「呪」に取り憑かれた者。経緯の如何に関わらず、世間一般からは迫害される存在。
祓い
呪受者から呪を取り除くこと。「呪」は「呪」の攻撃で傷つけ、一時的に消滅させることができるが、時間経過により復活する。「呪」を取り除くには「守属」の「呪」による手段によるしかない。また、対象に取り憑く前であれば、「攻属」による攻撃と霊的な防御で「消滅」させることもできるようである。

「呪」[編集]

むぅちぃ
小笹志朗の「呪」。守属。外見は水色のカバに近い。「んむぅー」という唸り声しか上げないが、人間の言葉は理解している模様。志朗の言うことはあまり聞かないが、志朗の妹、菓の言うことには素直に従う。他の「呪」を食べることにより「祓う」ことができるが、志朗には頭痛を伴う吐き気を与える。動きは鈍いが耐久力はあるようで、他の「呪」の攻撃をほとんど受け付けない。小笹家の先祖が一族を守るために憑けた「呪」で、代々小笹一族の誰かが受けついている。
覇呪
水星小鳩の親指に宿っている「呪」。攻属。外見は巨大な双頭の白蛇。それぞれ二対四つの目を持ち、吸った者を昏倒させる毒霧を吐く。小鳩の喜びの感情に反応し、封印を破り周囲に毒霧を撒き散らす。
斬呪
水星小鳩の人差し指に宿っている「呪」。攻属。外見は大型の狼。アーミーナイフのような牙を持つ。人の目には捉えられないような速度で動ける。物理的な攻撃力を持つが、力加減ができず動き回るだけで周囲を破壊する。
滅呪
水星小鳩の中指に宿っている「呪」。攻属。外見は角のある女性の姿。ナイスバディで、包帯状の布を巻きつけて服の代わりにしている。他の「呪」やその痕跡の感知能力に長ける。また、会話できる程度の知性を備えており、小鳩からは「メッちゃん」と呼ばれている。
啼呪
水星小鳩の薬指に宿っている「呪」。攻属。外見は薄絹をまとった長身痩躯の女。その叫び声は人間、「呪」を問わず力を奪う。
感呪
水星小鳩の小指に宿っている「呪」。攻属。外見は黒いフードをかぶった単眼の人間。他の「呪」の動きを止めることができる。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]