鱗竜形類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鱗竜形類
Lepidosauromorphs
生息年代:
三畳紀前期 - 完新世
Tuatara.jpg
地質時代
三畳紀前期 - 完新世現代
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 鱗竜形類 Lepidosauromorpha
シノニム

Ankylopoda (Obsolete Clade)

下位分類

鱗竜形類(りんりゅうけいるい、英語: Lepidosauromorpha)は双弓類の下位グループである爬虫類のグループで、現存する唯一の下位グループは鱗竜類(Lepidosauria)(トカゲヘビミミズトカゲムカシトカゲなど)。ワニ鳥類を含む主竜類(Archosauromorpha)とは比較的近類(最近ではカメは主竜類に近いことがわかってきている)。鱗竜形類はペルム紀にはカメ及び主竜類の祖先(主竜形類)と分岐し、続く三畳紀には適応放散を果たし、鰭竜類(首長竜などを含むグループ)などを生み出した。[1]

鱗竜形類は主竜形類(主竜類)と異なり、より原始的な這う姿勢をとり、魚のような正弦波を描く動作で移動し、烏口骨胸骨をつなぐ関節を持ち、面生歯を持つ。比較して主竜形類は、矢状面歩行で移動し、より小さな皮骨を持ち、胸骨がより小さいか失われており、槽歯類歯列(ソケットに収まった歯)を持つ。

鱗竜形類は這う姿勢をとるため大量のエネルギーを浪費する必要はなく、現生のものは全て変温動物である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Phylogenetic Tree”. 2016年8月16日閲覧。