鯖江陣屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鯖江陣屋(さばえじんや)は福井県鯖江市屋形町(越前国今立郡)にあった鯖江藩の藩庁である。

概要[編集]

鯖江藩陣屋跡(福井県鯖江市本町)

間部氏は、もと甲楽師の出で6代将軍徳川家宣側用人をした間部詮房(まなべあきふさ)が始まりである。8代将軍吉宗の代になると、詮房は老中職を解任され、越後国村上藩5万石に転封する。

享保5年(1720年)越後村上藩から詮房の弟詮言が5万石で入封したのに始まる。陣屋はそれまでにあった幕府の代官所を中心に築かれた。

陣屋の規模は13万坪に及び、町並み整備と供に、藩庁、御殿、家臣の屋敷が軒を連ねていた。お屋敷は北陸道の東側、それに北側の西山の麓に置かれた。

天保11年(1840年間部詮勝が老中に就き、同時に城主格となり築城が許されたが、実現せずに終わった。

そして、安政の大獄の責任をとらされ1万石減封され4万石となった。9代詮道の代に明治維新を迎えた。

遺構[編集]

陣屋跡は市街地となり、公園に説明板がある他遺構はないが、御用屋敷門(赤門)が万慶寺裏門として移築されている。松阜(まつがおか)神社境内に受福堂御門(市指定文化財)が移築現存する。