鯉ノ勢寅雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鯉ノ勢 寅雄(こいのせ とらお、本名:小沢 寅雄(おざわ とらお)、1930年1月21日- )は、愛媛県越智郡乃万村(現・同県今治市)出身で、朝日山部屋に所属した大相撲力士。最高位は東前頭12枚目(1958年1月場所)。得意手は左四つ、押し、寄りなど。現役時代の体格は170cm、105kg。

来歴・人物[編集]

19歳の時、元関脇二瀬川が率いる朝日山部屋に入門し、1950年1月場所で初土俵を踏んだ。

同場所では番付外と新序で共に好成績を残したため、翌場所では序ノ口を飛び越して、序二段に付け出された。

当初より「鯉ノ勢」の四股名を名乗り、一時「鯉ノ瀬」に改名するも、1場所で「鯉ノ勢」に戻している。

出世は早く、番付に付いてから4年半弱の1954年9月場所で十両に昇進。その後、1957年5月場所で新入幕を果たし、翌年9月場所まで8場所連続幕内の座を維持した。

体格には恵まれていなかったものの、猛稽古でそれを補うなど努力家の面があった。

1959年9月場所を最後に幕内から遠ざかり、1961年1月場所では関取の地位も失った。同年3月場所後、31歳で廃業(なお、廃業時の四股名は「鯉の勢」である)。

以降は故郷・今治市で、タオル工場を経営した。

主な戦績[編集]

  • 現役在位:49場所
  • 通算成績:340勝314敗23休 勝率.520
  • 幕内在位:10場所
  • 幕内成績:67勝83敗 勝率.447

場所別成績[編集]

鯉ノ勢 寅雄
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1950年
(昭和25年)
東新序
3–0 
x 東序二段14枚目
10–5 
x 東三段目31枚目
5–10 
x
1951年
(昭和26年)
西三段目33枚目
10–5 
x 西三段目15枚目
8–7 
x 東三段目14枚目
10–5 
x
1952年
(昭和27年)
西幕下33枚目
9–5–1 
x 東幕下25枚目
5–10 
x 東幕下30枚目
8–7 
x
1953年
(昭和28年)
東幕下27枚目
10–5 
西幕下14枚目
4–4 
東幕下16枚目
2–6 
x 東幕下23枚目
5–4 
x
1954年
(昭和29年)
西幕下16枚目
6–2 
東幕下4枚目
4–4 
東幕下3枚目
5–3 
x 東十両22枚目
8–7 
x
1955年
(昭和30年)
西十両15枚目
7–8 
西十両17枚目
6–9 
西十両19枚目
9–6 
x 西十両13枚目
7–8 
x
1956年
(昭和31年)
東十両15枚目
9–6 
東十両12枚目
6–9 
西十両16枚目
10–5 
x 西十両11枚目
10–5 
x
1957年
(昭和32年)
東十両6枚目
10–5 
東十両筆頭
10–5 
東前頭18枚目
6–9 
x 東前頭23枚目
8–7 
西前頭17枚目
9–6 
1958年
(昭和33年)
東前頭12枚目
5–10 
東前頭20枚目
9–6 
西前頭14枚目
7–8 
東前頭16枚目
5–10 
西前頭22枚目
6–9 
東十両2枚目
7–8 
1959年
(昭和34年)
東十両3枚目
8–7 
東十両2枚目
10–5 
東前頭20枚目
6–9 
東十両2枚目
10–5 
西前頭18枚目
6–9 
西十両4枚目
7–8 
1960年
(昭和35年)
東十両6枚目
5–10 
西十両11枚目
7–8 
東十両12枚目
8–7 
東十両12枚目
10–5 
西十両6枚目
6–9 
東十両10枚目
休場
0–0–15
1961年
(昭和36年)
西幕下2枚目
2–5 
西幕下9枚目
引退
0–0–7
x x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 鯉ノ勢(こいのせ、1950年5月場所・1951年1月場所-1958年7月場所)
  • 鯉ノ瀬(同上、1950年9月場所)
  • 鯉の勢(同上、1958年9月場所-1961年3月場所)

関連項目[編集]

参考文献[編集]