鮫島慶彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
鮫島 慶彦
生年月日 1865年9月
出生地 鹿児島県
没年月日 1928年10月4日
前職 鹿児島県議会議員
所属政党 政友会

当選回数 1回
テンプレートを表示

鮫島 慶彦(さめしま けいひこ、1865年慶応元年9月) - 1928年昭和3年)10月4日)は、日本政治家

衆議院議員(1期)、鹿児島県議会議員

概要[編集]

慶応元年、鮫島郷兵衛の次男として薩摩国加世田に生まれる。東京の二松学舎で漢学をまなび、帰郷後、村議、鹿児島県会議員をへて、立憲政友会県支部長となり、1908年明治41年)5月の第10回衆議院議員総選挙で当選し衆議院議員を1期つとめる。1912年明治45年)南薩鉄道を創立し、社長をつとめる。社長職は無報酬で、自らつるはしをふるい、1914年大正3年)、伊集院駅-伊作駅間が開通する。また万瀬発電を完成させ、川辺日置指宿に電灯をともした。1928年10月4日死去。64歳。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。