鮎沢まこと

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

鮎沢 まこと(あゆざわ まこと、1925年 - 2018年2月9日)は、日本の漫画家東京都出身。池上育ち。血液型はO型。長女は、フリーライターの相沢いく(相沢育子)。

作風[編集]

一コマ漫画を中心とする、カートゥーンのエキスパート。ナンセンスな笑いを得意とし、毒の効いた諷刺の中にも飄逸な味わいがある。

"漫画には国籍も国境もナシ"がモットー。自費出版多数。また囲碁を趣味とし、長年にわたり「週刊碁」に「ウロ烏鷺戯評」を連載。

2018年2月9日、心不全のため死去[1]

代表作[編集]

  • マコトの古事記
  • マコト節(自費出版)
  • 吹けばとぶよな
  • TWILIGHT HOSPITAL 院内感染笑候群

一コマ漫画家集団JAPUNCHの一員としての一連の著作

受賞歴[編集]

"JAPUNCH"の一員として

  • 『VIVA, CHEF!』で、平成13年度(第5回)文化庁メディア芸術祭・マンガ部門(優秀賞)
  • 『CIN CIN』で、平成14年度(第6回)文化庁メディア芸術祭・マンガ部門(審査委員会推薦作品)

所属団体[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 鮎沢まこと氏を偲ぶ回顧展 日本漫画家協会、2018年3月30日

外部リンク[編集]