魚楽園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:庭園の画像提供をお願いします。2006年5月

魚楽園(ぎょらくえん)は福岡県田川郡川崎町にある日本庭園。藤江家が管理していることから藤江氏魚楽園ともいう。雪舟が室町時代に築庭したといわれる名園で、国の名勝に指定されている。

魚楽園という名は漢学者村上沸山が命名したもので、『詩経』の大雅篇の一文にある「魚楽しければ、人又楽し 人楽しければ、魚又楽し…」という一文から採ったものであるという[1]。この庭園は当時の京都応仁の乱で荒廃しており、戦乱から逃れてきた雪舟が、戦争を憂い、平和を願う心境を表したもので、平和への願いを込めた理想郷として築庭されたものである。雪舟は応仁の乱のほとぼりが冷めるまでこの田河郡(現在の田川郡)で2、3年暮らしていたといわれる。

自然の山を借景として、中心に池を掘り、水を配して三か所に石橋を架けている。その周りにツツジ紅葉ツバキなどを植え、四季折々の自然の変化を楽しめる趣向が凝らされている。

  • 所在地:福岡県田川郡川崎町安真木
  • 総面積:10632m2
  • 形式:池泉回遊式
  • 指定:国の名勝(1978年9月18日指定)

脚注[編集]

  1. ^ 園名の由来については、川崎町サイトほか諸資料に『詩経』から取ったとあるが、仏教の経文から取ったとする説(川崎町サイトの別のページ)もあり、判然としない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯33度33分32.7秒 東経130度48分21.32秒 / 北緯33.559083度 東経130.8059222度 / 33.559083; 130.8059222