魔神バンダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
魔神バンダー
ジャンル テレビドラマ
原作 東連山
出演者 角本秀夫
平松慎吾
湊俊一
製作
制作 フジテレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1969年1月5日 - 3月30日
放送時間 日曜18:00 - 18:30
放送分 30分
回数 13
テンプレートを表示

魔神バンダー』(まじんバンダー)は、1969年1月5日から同年3月30日までフジテレビ系で全13話が放送された特撮テレビ番組。放送時間は毎週日曜18:00 - 18:30(JST)。

製作は『怪獣マリンコング』を制作したニッサンプロダクションの後継であるNMCプロ[1][2]

概要[編集]

本作は、1960年代半ばに手塚治虫の『魔神ガロン』をフジテレビで放映しようとパイロット版を制作したもののお蔵入りしたため[2][3]、それを参考にする形で東連山が原作を担当して企画が進められた。当初、全26回の制作が予定されていたが、半分の13回に短縮された。制作自体は1966年[注 1]に終了し[1][2]1967年7月2日より毎週日曜19:30 - 20:00で放送予定だったが[4]、当時日曜18:30で放送中の『リボンの騎士』が「視聴率低迷」を理由に6月25日放送分で一旦休止(結局は30分繰り上げ。詳細は本項参照)、そして19:00の『マッハGoGoGo』の30分繰り上げで、新たに日曜19:00 - 20:00に1時間演芸番組『爆笑ヒットパレード』を設置するため、本作は時間どりを再検討するものの[5]、結局は放送が延期され、1969年になってやっと放映されることとなった。

この作品は通常の特撮ヒーロー番組の「変身するヒーロー」と違い、『大魔神』のように守護神バンダーが怒ると頭部が入れ替わり「魔神」バンダーになるという珍しい形態であった。

ストーリー[編集]

パロン水星から水爆の数千倍の威力を持つ宇宙エネルギー・オランが持ち去られた。オランを取り戻すため、パロンの王子と X1号が守護神バンダーとともに地球にやってくる。異形の怪人(手がハサミ状の王子たちの事)の出現に政府は武装警官隊を出動させ攻撃を開始。王子は身を守るため守護神バンダーを呼ぶ。その頃、悪人ゴーダーは、オランを使って世界征服をしようと企んでいた。王子たちが地球に来た目的を知った立花博士は、王子たちに協力し、魔神バンダーとともにオランを取り戻すため、ゴーダーたちと戦う。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

放映リスト[編集]

サブタイトルは本放送時にはなし。

放映回数 放送日
第1回 1969年1月5日
第2回 1969年1月12日
第3回 1969年1月19日
第4回 1969年1月26日
第5回 1969年2月2日
第6回 1969年2月9日
第7回 1969年2月16日
第8回 1969年2月23日
第9回 1969年3月2日
第10回 1969年3月9日
第11回 1969年3月16日
第12回 1969年3月23日
第13回 1969年3月30日

放送局[編集]

放送局 放送日時 放送期間
フジテレビ(制作局) 日曜 18:00 - 18:30 1969年1月 - 3月
青森放送 火曜 18:00 - 18:30 1971年10月 - 1972年1月[6]
山形放送 月曜 - 金曜 17:00 - 17:30 1970年9月[7]
仙台放送 水曜 18:00 - 18:30 1972年7月 - 9月[8]
福島テレビ 月曜 - 金曜 17:15 - 17:45 1970年8月 - 9月[9]

再放送・ビデオソフト化[編集]

1970年代に何度か再放送が行われたが、その後再放送されることはなくなった。1984年に『怪獣マリンコング』がトランスグローバル社の通販限定でビデオソフト化されることとなり、特撮作品専門誌「宇宙船」Vol.18(1984年6月号)誌上のビデオソフト・レコード情報コーナーに記事が掲載された際、本作についても「ファンの声があれば発売するとか…」とビデオソフト化が仄めかされたが、結局実現しなかった[10]

平成に入ってからは唯一、1994年6月に中京テレビの特撮番組再放送枠『今甦る!昭和ヒーロー列伝』で第1話、第5話、第13話が再放送された。これを最後に一切再放送は行われておらず、ビデオやLD、DVD、ブルーレイの発売はされていない。トランスグローバル社は本作の版権およびネガフィルムを現在でも所有している。

かつて日本テレビ系で放送されていた『スーパーJOCKEY』では部分的に映像が流れたことがある。

漫画版[編集]

本編製作が遅々として進まない中、虫プロから話を受けた井上智が『冒険王』で昭和40年11月号[注 2]から連載を開始、番組終了後の昭和44年12月号で完結した。本誌連載のストーリー漫画の他、『別冊 冒険王』『冒険王 増刊号』に掲載された短編漫画がある。井上は、NMC から受け取ったバンダーのデザインがあまりにかっこわるかったので勝手に変更した事、脚本担当者がいなくなったため第二回以降はオリジナルストーリーになっている事を、「懐漫市 第3号」のインタビューで語っている。

2010年に「マンガショップ」から全4巻で単行本化された。この本では、原作が平田昭吾となっている。

また、テレビ版のエンディングでも井上智の原画が使用されている。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1967年説もあり[3]
  2. ^ 『全怪獣怪人 上巻』では「放送開始と同時」[1]、『超人画報』では「1966年10月号」としている[2]

出典[編集]

  1. ^ a b c 全怪獣怪人』上巻、勁文社、1990年3月24日、136頁。C0676。ISBN 4-7669-0962-3
  2. ^ a b c d 『超人画報 国産架空ヒーロー40年の歩み』竹書房/イオン編、竹書房、1995年11月30日、75頁。C0076。ISBN 4-88475-874-9
  3. ^ a b 石橋春海『’60年代 蘇る昭和特撮ヒーロー』コスミック出版〈COSMIC MOOK〉、2013年12月5日、117頁。ISBN 978-4-7747-5853-4
  4. ^ 1967年6月9日付け「産経新聞夕刊」8面の番組関連記事
  5. ^ 1967年6月20日付け「産経新聞・夕刊」10面の番組関連記事
  6. ^ 『河北新報』1971年10月12日 - 1月4日付朝刊、テレビ欄。
  7. ^ 『河北新報』1970年9月7日 - 9月22日付朝刊、テレビ欄。
  8. ^ 『福島民報』1972年7月26日 - 9月27日付朝刊、テレビ欄。
  9. ^ 『福島民報』1970年8月20日 - 9月7日付朝刊、テレビ欄
  10. ^ 『宇宙船』Vol.18、朝日ソノラマ、1984年、74頁。
フジテレビ 日曜18:00枠
前番組 番組名 次番組
魔神バンダー