魔界英雄記マキシモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
魔界英雄記マキシモ
ジャンル アクション
対応機種 PlayStation 2
開発元 カプコン
発売元 カプコン
人数 1人
メディア DVD
発売日 2003年9月18日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
テンプレートを表示

魔界英雄記マキシモ マシンモンスターの野望』(まかいせんきマキシモ マシンモンスターのやぼう)は2003年9月18日に発売されたカプコンのアクションアドベンチャーゲームである。カプコン・スタジオ8により開発。プラットフォームはPlayStation 2のみ。魔界村からの派生作品の一つで、『マキシモ』の続編。キャラクターデザインは前作と同様、松下進。本作は前作と異なり、日本語音声ではなく英語音声となっている。

3作目の『マキシモ3』も開発されていたが、本作の売り上げが予想より良くなかった為、3作目の開発はすぐに中止された[1]

ストーリー[編集]

マキシモが魔王アキリーを倒し、王国の平和を取り戻してから8ヶ月。彼は相棒の陽気な死神グリムとともに、行方不明のソフィア姫を探して旅を続けていた。そんな彼らの前に、思いがけない敵が現れる。砲弾型の輸送装置で天から降り立って、村を焼き、罪なき人々を殺戮する神出鬼没のマシンモンスター「ジン」の大軍団だ。この機械仕掛けの怪物たちは500年前にも大暴れして、世界を破滅の淵に追い詰めたという。しかし「ジン」たちは、ハークモア男爵家の城内に厳重に封印されているはずだったが…?とにかく、目の前の暴虐を捨てておくことはできない。謎を解き、人々を守り、邪悪な野望を打ち砕くため、英雄マキシモは再び立ち上がった。

キャラクター[編集]

マキシモ
主人公。
8ヶ月前、魔王アキリーの動乱を鎮めて王国に平和を取り戻したが、行方不明となった最愛の婚約者ソフィア姫を探して、今も冒険の旅を続けている。
今作ではハンマーやフレイムソードなど多彩な武器を使用する。
グリム・リーパー
マキシモと行動を共にする死神。
不気味な外見に似合わず陽気な性格だが、悪人相手には容赦なく恐るべき魔力を振るう。
今作では召喚することで一定時間グリムとしてプレイすることが可能になった。
ティンカー
本作のヒロイン。
死霊の森の奥に住むカラクリの達人で、通称「ギアマスター」。
冒険のための道具などを作って暮らしていたが、最近かなり変わった依頼を受けたらしい。
モーガン・ハークモア男爵
伝説の英雄モーガン・ハークモア卿の子孫。
城に閉じ込められたマシンモンスターの封印を守っている。
剣の達人であり、かつてはマキシモの親友だった。
エリザベート
ハークモア男爵の妻。
敵の奇襲により護衛たちとはぐれて絶体絶命のピンチに陥るが、マキシモによって救出される。
モーガン・ハークモア卿
500年前に自分の命と引き換えにマシンモンスター「ジン」の軍団を「封印の間」に幽閉した英雄。
暗黒卿ベイン
「ジン」の軍団を率いる全身鎧に身を包んだ謎の大男。

ステージ[編集]

  • 襲われた村(ボス:巨獣ハウスクラッシャー)
  • 死霊の森(ボス:サイクロックス)
  • クリスタル山脈(ボス:モーガン・ハークモア男爵)
  • 死滅の海(ボス:海龍シー・サーペント)
  • 要塞ソウルクラッシャー(ボス:暗黒卿ベイン)

主題歌[編集]

PENPALS - 「BELIEVE」

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]