魔法少女リリカルなのはシリーズの年表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

魔法少女リリカルなのはシリーズの年表(まほうしょうじょりりかるなのはシリーズにおけるねんぴょう)では、都築真紀原作のメディアミックスで『魔法少女リリカルなのはシリーズ』における架空の出来事を年表形式に掲載する。

年表[編集]

先史時代[編集]

  • ミッドチルダやベルカなどの次元世界で、質量兵器乱用事件が発生する[1]

旧暦[編集]

462年
  • ある世界で次元断層事件発生。[2]

新暦[編集]

1年
  • 質量兵器が禁止される。同時に年号が新暦へと変わる[3]
29年
  • アリシア・テスタロッサ、次元航行エネルギー駆動炉ヒュウドラの暴走事故により死亡。[4]
54年
56年
62年
63年
65年
  • 4月ユーノ・スクライア、2個目のジュエルシードの封印に失敗、念話を飛ばす[8]
  • 同月、高町なのはが魔法に目覚める[9]
  • 5月27日高町なのは、とフェイト・テスタロッサが臨海公園で対決する。その後プレシアと決戦(通称「プレシア・テスタロッサ事件」)。[10]。その後なのはとユーノはいったん別れる。
  • 6月4日、八神はやての誕生日。[11]
  • 12月1日、なのはがRH監修の元、魔法の練習。フェイトの裁判判決の前日。[12]
  • 12月2日、早朝、ヴィータによる蒐集。夕方、すずかとはやてが出会う。夜、ヴィータがなのはを襲撃(通称『闇の書事件』)。交戦後、時空管理局に搬送される[13]
  • 12月24日、なのはの小学校が終業式を迎える[14]
  • 12月25日、すずか・アリサ及び高町家家族になのは達の魔法について説明する。
66年
  • 1月4日、高町家、月村家、バニングス家、フェイト合同による2泊旅行[15]
  • 5月、なのはたちが時空管理局へ入局[16]
68年
  • はやての手によってリインフォースIIが誕生する[17]
71年
75年
76年
  • 4月28日、部隊の試験運用の期日に伴い機動六課が解散。隊長・副隊長陣4人V.S.新人4人による最後の模擬戦開始[20]

脚注・出典[編集]

参考文献[編集]