魔女の心臓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動


魔女の心臓
ジャンル ファンタジーゴシック
漫画
作者 matoba
出版社 スクウェア・エニックス
掲載誌 ガンガンONLINE
レーベル ガンガンコミックスONLINE
発表号 2012年3月1日号 - 2016年1月7日号
巻数 全8巻
話数 全41話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

魔女の心臓』(まじょのしんぞう)は、matobaによる日本ファンタジー漫画作品。スクウェア・エニックスウェブコミック配信サイトガンガンONLINE2012年3月1日更新分から2016年1月7日更新分まで毎月第1週木曜更新で連載していた。2012年『月刊少年ガンガン』11月号・2014年『月刊Gファンタジー』9月号に外伝が掲載された。

アオリや単行本のオビでは「ゴシックファンタジー」と謳われた。単行本巻末の『Witch's Backyard』のコーナーでは、各エピソードに登場するキャラクターが、ドラマ撮影のメイキング設定で描かれている。2015年3月14日には単行本第6巻の発売を記念して、有隣堂ヨドバシAKIBA店にてサイン会とライブドローイングが開催された[1]

あらすじ[編集]

自らの心臓を失ったために死ねなくなった不死の魔女ミカが、言葉を話すことのできるランタンと共に、心臓を持ち去った双子の妹ニナを探し旅をする物語。

登場人物[編集]

ミカ
「境界(あわい)の魔女」と呼ばれる、自らの心臓とそれを持ち去った双子の妹を探し500年もの間旅を続ける、不老不死の少女。アルコールに非常に弱い。
ルミエール
ミカとともに旅を続ける、言葉を話すことのできるランタン。本性は竜だが人間の姿を取ることもある。ミカを姐さんと慕う。
リツカ
ミカとルミエールが旅の途中で出会った鼠。元は人間だが、魔法の影響により満月の時しか元に戻れない。
魔法使いの弟子だったが魔法を覚えるのは絶望的な才能である。
カレン
第1話『深雪(みゆき)の森』に登場する少女。奉公の年季が明けて故郷へ帰ろうとしていたところ、“魔女”の噂に乗じて強盗殺人をしているシスターに襲われて殺される。
ケーナ
第2話『水車の邑(むら)』に登場。横暴な女領主によって水門を止められたため、作物が作れず、貧困に陥っている村に住む少女。お金欲しさのため、ミカのランタン(ルミエール)を女領主に売ってしまう。
ミシェル
第3話『君想う謌(うた)』に登場。60年前にミカと数日間だけ一緒に旅をしたことがある女性。旅一座の元締めで、昔は亜麻色の髪をした歌い手だった。孫娘の名前はサッシェで、現在の歌い手。
リュリュ
第4話『岸崖(がいがん)の花』に登場。頭に死生花という花を咲かせている女性。ミルク売りの子で、数年前の土砂崩れに巻き込まれたところをユーリに助けられた。
ヴィオティーテ
とある国の王女。14歳。湿地が多く陽当たりの良くない国で貧乏なため、産業を探して旅をしている。武器はを刈るための葦苅鎌。
オーギュスト
ヴィオティーテに仕える騎士。
ニコラ
第6~8話『湖(あわうみ)の乙女』に登場。500年もの間、密かに人魚を保護し、生きながらえさせている教会に使える聖者。自らの命と引き換えにしてでも人魚を助けようとする。
ブランシェット
第9話『傍らの狼』に登場。コニーの姉。森で狼に襲われそうになったところをルー・ガルー(人狼)に助けられ、そのままルー・ガルーと一緒に暮らしている。料理の味付けは個性的。
マリー
第10話『雨やさめ』に登場。とある街の路地裏生まれの少女。花売り。街の住人は町から出ることが許されていないにも関わらず、外に出ようとして死刑にあう。

単行本[編集]

  1. 2012年10月22日 ISBN 978-4-7575-3734-7
  2. 2013年4月22日 ISBN 978-4-7575-3900-6
  3. 2013年10月22日 ISBN 978-4-7575-4090-3
  4. 2014年4月22日 ISBN 978-4-7575-4279-2
  5. 2014年10月22日 ISBN 978-4-7575-4391-1
  6. 2015年2月22日 ISBN 978-4-7575-4556-4
  7. 2015年8月22日 ISBN 978-4-7575-4715-5
  8. 2016年3月12日 ISBN 978-4-7575-4903-6

脚注[編集]

外部リンク[編集]