魅津希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
魅津希
基本情報
本名 井上 瑞樹
通称 天才少女
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1994-08-19) 1994年8月19日(23歳)
出身地 愛知県豊橋市
所属 空手道白心会
身長 162cm
体重 52kg
階級 ストロー級
バックボーン 空手
テンプレートを表示

魅津希(みずき、1994年8月19日 - )は、日本女性キックボクサー総合格闘家。本名は井上 瑞樹(いのうえ みずき)。愛知県豊橋市出身。空手道白心会所属。現DEEP JEWELSストロー級女王。井上直樹は弟。

来歴[編集]

小学4年から空手を始めた[1]

2009年2月22日、禅道会主催の武道総合空手道選手権東海大会・中学の部 女子で優勝[2]

2010年7月25日、リングネームを魅津希に変更してのプロキックボクシングデビュー戦となったJ-GIRLSで総合格闘家・藤野恵実と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[3]

2010年8月14日、Krush.9の女子アマチュアマッチで谷山佳菜子と対戦し、0-2の判定負けを喫した[4]

2010年8月29日、武道総合空手道選手権東海大会のワンマッチで北村ヒロコと対戦し、判定勝ちを収めた。

2010年9月20日、J-GIRLSでannaと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[5]

2010年10月10日、JEWELS 10th RINGで開幕したROUGH STONE GP 2010 -56kg級に出場。準決勝で村田恵実腕ひしぎ十字固めで一本勝ち[6]。12月17日、JEWELS 11th RINGの決勝ではASAKOと対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本勝ちを収め優勝を果たした[7]

2011年1月30日、J-GIRLS Catch The stone〜12で開幕したJ-GIRLSバンタム級次期王者挑戦者決定トーナメントに出場。一回戦は佐竹のぞみに2-0の判定勝ち[8]。3月6日のJ-GIRLS Catch The stone〜13で行われた準決勝では陣内まどかと対戦し、本戦判定で三者とも29-29をつける激戦の末、延長ラウンドで3-0の判定勝ちを収め決勝に進出した[9]。7月10日、J-GIRLS 2011 ~Born This Way 2nd~で行われた決勝で大石ゆきのと対戦したが、判定0-2で敗れプロキックボクシングでの初黒星を喫するとともに王座挑戦権を逃した[10]

2011年9月11日、JEWELS 16th RINGでライト級女王浜崎朱加と対戦し、判定0-3で敗れ総合格闘技での初黒星を喫した[11]

2012年2月5日、SHOOT BOXING 2012 ~Road to S-cup~ act.1で行われたワンマッチでSB日本女子フライ級女王高橋藍と対戦し、延長の末判定3-0で勝利を収めた[12]

2012年4月13日、SHOOT BOXING 2012 ~Road to S-cup~ act.2で開幕したGirls S-cup-53.5トーナメントに出場。準決勝は対戦相手未奈の計量オーバーにより不戦勝となったが、魅津希サイドの強い希望で試合は行われ、3RレフェリーストップによるTKOで勝利した[13]。8月25日、SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT Girls S-cup 2012の決勝では再び高橋藍と対戦したが、今度も延長の末3-0の判定勝ちを収め、念願のプロのベルトを手にした[14]

2013年7月13日、米国ミズーリ州カンザスシティで開催されたInvicta FC 6に出場。ベック・ハイアットから判定3-0で勝利を収め、自身初の海外遠征を白星で飾った[15]

2013年8月3日、SHOOT BOXING Girls S-cup2013日本トーナメントにてワンデイで開催されたGirls S-cup2013日本バンタム級トーナメントに出場。一回戦はジェット・イズミ、準決勝は吉田実代と対戦し、いずれも3-0の判定勝ちで決勝に進出した。決勝は高橋藍との三度目の対戦となったが、本戦判定3-0で完勝し、2連覇を果たした[16]

2013年11月4日、DEEP JEWELS 2で開幕した第2代DEEP JEWELSライト級(-52kg)王座決定GPに出場。1回戦は藤野恵実と対戦し、3-0の判定で激戦を制した[17]。2014年2月16日、DEEP JEWELS 3富松恵美と王座決定戦を戦うはずであったが、前日の計量で規定時間内に52.550kgまでしか体重を落とすことができず失敗。この時点で富松が暫定王者となった。試合は「魅津希が勝利しても公式記録は反則負けとなり、富松恵美が勝利した場合のみ公式記録とする」という特別ルールのもと行われ、3R腕十字で一本を取ったものの規定により反則負けとなった。[18]

2014年8月9日、DEEP JEWELS 5のライト級正規王座決定戦で暫定王者富松恵美と再戦し、一本勝ちで第2代DEEP JEWELSライト級王者となった。

2014年11月1日、Invicta FC 9でカロリーナ・コバケビッチと対戦し判定負け。

2015年2月27日、Invicta FC 11でアレクサ・グラッソと対戦し判定負け。

2015年8月29日、DEEP JEWELS 9藤野恵実と再戦し、判定勝ちで階級名が変更となったDEEP JEWELSストロー級王座を初防衛した。

2016年1月16日、Invicta FC 15でレイシー・シャックマンと対戦し一本勝ち。

2016年9月、右足の前十字靭帯を損傷したため手術を受けた[19]

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
16 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
12 0 9 3 0 0 0
4 0 0 3 1
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
リン・アルバレス 2R 3:00 アームバー Invicta FC 18: Grasso vs. Esquibel 2016年7月29日
法 DATE 1R 3:12 腕ひしぎ十字固め DEEP JEWELS 11 2016年3月6日
レイシー・シャックマン 3R 3:41 腕ひしぎ十字固め Invicta FC 15: Cyborg vs. Ibragimova 2016年1月16日
藤野恵実 5分3R終了 判定3-0 DEEP JEWELS 9
【DEEP JEWELSストロー級タイトルマッチ】
2015年8月29日
× アレクサ・グラッソ 5分3R終了 判定0-3 Invicta FC 11: Cyborg vs. Tweet 2015年2月27日
× カロリーナ・コバケビッチ 5分3R終了 判定1-2 Invicta FC 9: Honchak vs. Hashi 2014年11月1日
富松恵美 3R 1:33 腕ひしぎ十字固め DEEP JEWELS 5
【DEEP JEWELSライト級王座決定戦】
2014年8月9日
× 富松恵美 特別ルールにより反則負け DEEP JEWELS 3 2014年2月16日
藤野恵実 5分2R終了 判定3-0 DEEP JEWELS 2
【第2代DEEP JEWELSライト級王座決定GP1回戦】
2013年11月4日
ベック・ローリングス 5分3R終了 判定3-0 Invicta FC 6: Coenen vs. Cyborg 2013年7月13日
ジョン・イェソ 1R 1:43 チョークスリーパー JEWELS 23rd RING 2013年3月30日
ソン・ヒョギョン 2R 2:14 腕ひしぎ十字固め JEWELS 22nd RING 2012年12月15日
アレックス・チャンバーズ 1R 4:32 腕ひしぎ十字固め JEWELS 18th RING 2012年3月3日
× 浜崎朱加 5分2R終了 判定0-3 JEWELS 16th RING 2011年9月11日
ASAKO 1R 2:59 腕ひしぎ十字固め JEWELS 11th RING
【ROUGH STONE GP 2010 -56kg級 決勝】
2010年12月17日
村田恵実 2R 2:58 腕ひしぎ十字固め JEWELS 10th RING
【ROUGH STONE GP 2010 -56kg級 準決勝】
2010年10月10日

プロキックボクシング[編集]

キックボクシング 戦績
5 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
4 0 4 0 0 0
1 0 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 大石ゆきの 2分3R終了 判定0-2 J-NETWORK「J-GIRLS 2011 ~Born This Way 2nd~」
【J-GIRLSバンタム級次期王者挑戦者決定トーナメント決勝戦】
2011年7月10日
陣内まどか 2分3R+延長R終了 判定3-0 J-NETWORK「J-GIRLS Catch The stone〜13」
【J-GIRLSバンタム級次期王者挑戦者決定トーナメント準決勝】
2011年3月6日
佐竹のぞみ 2分3R終了 判定2-0 J-NETWORK「J-GIRLS Catch The stone〜12」
【J-GIRLSバンタム級次期王者挑戦者決定トーナメント1回戦】
2011年1月30日
anna 2分3R終了 判定3-0 J-NETWORK「J-GIRLS Catch The stone〜10」 2010年9月20日
藤野恵実 2分3R終了 判定3-0 J-NETWORK「J-GIRLS Catch The stone〜9」 2010年7月25日

シュートボクシング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
高橋藍 2分3R終了 判定3-0 SHOOT BOXING Girls S-cup2013日本トーナメント
Girls S-cup2013日本バンタム級トーナメント決勝戦 2分3R延長2R
2013年8月3日
吉田実代 2分3R終了 判定3-0 SHOOT BOXING Girls S-cup2013日本トーナメント
Girls S-cup2013日本バンタム級トーナメント準決勝 2分3R延長1R
2013年8月3日
ジェット・イズミ 2分3R終了 判定3-0 SHOOT BOXING Girls S-cup2013日本トーナメント
Girls S-cup2013日本バンタム級トーナメント1回戦 2分3R延長1R
2013年8月3日
高橋藍 3分5R+延長R終了 判定3-0 SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT Girls S-cup 2012
Girls S-cup -53.5kgトーナメント決勝戦 3分5R無制限延長R
2012年8月25日
未奈 TKO 3R1分1秒 ※レフェリーストップ SHOOT BOXING 2012 ~Road to S-cup~ act.2
Girls S-cup-53.5トーナメント1回戦 3分3R無制限延長R
2012年4月13日
高橋藍 3分3R+延長R終了 判定3-0 SHOOT BOXING 2012 ~Road to S-cup~ act.1
54.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R無制限延長R
2012年2月5日
NATSUKA 2分3R終了 判定3-0 JEWELS 14th RING
【シュートボクシング公式ルール】
2011年5月14日
× 岡加奈子 3R終了 判定0-2 SHOOT BOXING OSAKA 2010「ALPINISME 〜Young Caesar Cup〜 Vol.2」 2010年5月16日

アマチュアキックボクシング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 谷山佳菜子 2分2R終了 判定0-2 Krush.9
【女子アマチュアマッチ Krush女子特別ルール】
2010年8月14日
奥山仁美 2分2R終了 判定3-0 club DEEP 公武堂ファイト
【DEEP KICKルール 女子特別ルール】
2010年4月11日
小野山陽子 1分2R終了 判定2-1 J-NETWORK「J-GIRLS Catch The stone〜5」
【ジュニアクラス Bリーグルール】
2010年1月31日
大石ゆきの 1分2R終了 判定2-0 J-NETWORK「J-GIRLS Catch The stone〜1」
【ジュニアクラス Bリーグルール】
2009年1月18日
日下部奈々 1分2R終了 判定0-0 J-NETWORK「J-GIRLS Summer Kick Carnival」
【ジュニアクラス】
2008年7月21日

グラップリング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
浜崎朱加 4分2R終了 時間切れ DEEP JEWELS 8
【DEEP JEWELSグラップリングマッチ】
2015年5月31日

獲得タイトル[編集]

  • SHOOT BOXING Girls S-cup2013日本バンタム級トーナメント優勝
  • SHOOT BOXING Girls S-cup2012日本バンタム級トーナメント優勝
  • JEWELS ROUGH STONE GP 2010 -56kg級 優勝
  • 全日本グローブ空手 中学女子の部 優勝(2007年)
  • 第2代DEEP JEWELSストロー級王座

脚注[編集]

  1. ^ 「総合とキックでチャンピオンになりたい」魅津希■ミニインタビュー gravity - 女子格闘技ニュース 2010年10月20日
  2. ^ [禅道会] 武道総合空手道選手権東海大会 2.22 浜松 BoutReview 2009年2月27日
  3. ^ 【J-GIRLS】神村エリカが激戦を制して安倍基江にリベンジ成功!新王者も誕生 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年7月25日
  4. ^ 【Krush】佐藤嘉洋が名城裕司に貫禄の勝利!石川直生は再起戦でも敗れる 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年8月14日
  5. ^ 【J-GIRLS】Little Tigerが苦戦の末に現役女子大生ファイターを振り切る 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年9月20日
  6. ^ 【ジュエルス】石岡沙織が再起戦で涙の勝利、森藤美樹は年内引退を表明 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年10月10日
  7. ^ 【ジュエルス】藤井恵の愛弟子・浜崎朱加がハム・ソヒ撃破で初代女王に! 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年12月17日
  8. ^ 【J-GIRLS】陣内まどか、大石ゆきの、魅津希の女子高生トリオがベテラン勢に全勝! 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年1月30日
  9. ^ 【J-GIRLS】安倍がミニフライ級新王者に!最強女子高生対決は魅津希に凱歌 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年3月6日
  10. ^ 【J-GIRLS】紅絹vs山田真子はドロー、美保・大石・☆MIKA☆が王座挑戦権を獲得 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年7月10日
  11. ^ ライト級女王 浜崎朱加、新鋭 魅津希に圧勝:9.11 新木場 BoutReview 2011年9月11日
  12. ^ 宍戸3連敗。高2の魅津希、高橋藍を圧倒:2.5 後楽園 BoutReview 2012年2月8日
  13. ^ サワー、鈴木悟をKO。鈴木博昭はリオン武撃破:4.13 後楽園 BoutReview 2012年4月14日
  14. ^ RENA、Girls S-cup 3度目の優勝。神村初戦敗退:8.25 代々木 BoutReview 2012年8月25日
  15. ^ 浜崎朱加TKO負け。魅津希は判定勝ち:7.13 カンザスシティ BoutReview 2013年7月14日
  16. ^ 魅津希、Girls S-cup 2連覇。RENA、クラインとの打撃戦制す:8.3 代々木 BoutReview 2013年8月4日
  17. ^ ライト級王座決定戦は魅津希×富松恵美に。ハム・ソヒが防衛:11.4 新宿 BoutReview 2013年11月5日
  18. ^ 計量オーバーの魅津希、3Rに一本取るも公式記録は反則負け:2.16 新宿 BoutReview 2014年2月18日
  19. ^ Mizuki Inoue tears ACL, out of running for Invicta title fight against Angela HillMMA Fighting 2017年1月17日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
浜崎朱加
第2代DEEP JEWELSストロー級王者

2014年8月9日 - 現在

次王者
N/A