鬼神丸国重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鬼神丸 国重(きじんまる くにしげ)は江戸時代摂津国刀工。俗名長兵衛。

新刀中上作にして業物。本国は備中国で水田派の安左衛門国光の子。二代河内守国助の門人となり、江戸、秋田、薩摩などでも作刀するという。作風は大乱れの刃文を得意とし、には「摂州住国重」「摂州住池田鬼神丸国重」などと銘を切る。「池田」は住地摂州池田(現 大阪府池田市)のことである。

新選組三番隊組長、斎藤一の愛刀も、彼の作とされる。

外部リンク[編集]