鬼火 (1963年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鬼火
Le Feu follet
監督 ルイ・マル
出演者 モーリス・ロネ
ジャンヌ・モロー
音楽 エリック・サティ
撮影 ギスラン・クロケ
編集 スザンヌ・バロン
公開 フランスの旗 1963年10月15日
日本の旗 1977年8月
上映時間 108分
製作国 フランスの旗 フランス
イタリアの旗 イタリア
言語 フランス語
テンプレートを表示

鬼火』(おにび、仏:Le Feu follet)は、 1963年公開のフランス映画ルイ・マル監督、モーリス・ロネ主演。

ダダイスムの作家ジャック・リゴーの生涯に想を得たピエール・ドリュ=ラ=ロシェルの小説 Le Feu follet (邦訳:『ゆらめく炎』)を、マルが脚本化した。 エリック・サティの印象的な旋律を背景に、アルコール依存症の男が自殺に至るまでの48時間を、抑制の効いたモノクロームの画面で描く。

1963年ヴェネツィア国際映画祭において審査員特別賞、ならびにイタリア批評家賞を受賞。

スタッフ[編集]


キャスト[編集]

ストーリー[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]