鬼八頭かかし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鬼八頭 かかし
生誕 ????3月16日
日本の旗 日本
死没 2019年2月2日
職業 漫画家
ジャンル 4コマ漫画少年漫画
代表作 たとえ灰になっても
公式サイト ODR
テンプレートを表示

鬼八頭 かかし(おにやず かかし、????年3月16日[1] - 2019年2月2日[2])は、日本の男性漫画家である。

来歴[編集]

コミック女神マガジン』(学研)にて連載された『魔法の呪文を唱えたら』で商業誌デビュー[3]

作品にはパンツ描写が多く出てきて、表紙でパンツが描かれている所を帯で隠したりしている。『まんがタイムきらら』にて連載されたなかま亜咲の漫画作品『火星ロボ大決戦!』でもネタとなっている。

4コマ漫画を当初描いていたものの、現在はそれ以外も描いていて、『電撃G's magazine』(アスキー・メディアワークス)にて投稿コーナーのイラストを担当するなどもしている。

なかま亜咲とは親しい仲とのこと。バナナはあまり好きではないと書いている。

2019年2月2日逝去。存命時の連載作品『たとえ灰になっても』は、『ヤングガンガン』2019年No.04に掲載された第56話にて連載中止となった[4]。数日前に、「発作性房室ブロック」と診断され、心臓ペースメーカー植込み手術を強く勧められていたことが、本人のTweetで明らかになっていた[5]

作品リスト[編集]

漫画作品[編集]

イラスト[編集]

参考文献[編集]

  • 電撃G's magazine
  • まんがタイムきらら

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 鬼8塚甲子 [@oniyazu] (16 March 2012). "そういえば今日は僕の誕生日なのをおもいだしましたが、今僕は修羅場ってます。" (ツイート). Twitterより2019年2月28日閲覧
  2. ^ 鬼八頭かかしが死去、「たとえ灰になっても」は連載中止に”. コミックナタリー (2019年2月27日). 2020年7月31日閲覧。
  3. ^ 『魔法の呪文を唱えたら』2巻あとがきより
  4. ^ a b 『たとえ灰になっても』ご愛読の皆様へ”. ヤングガンガン. SQUARE ENIX (2019年2月27日). 2019年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月3日閲覧。
  5. ^ 鬼8塚甲子 [@oniyazu] (26 January 2019). "発作性房室ブロックなる病気らしい! ペースメーカーを埋め込む手術を強くお勧めされました。" (ツイート). Twitterより2019年2月27日閲覧

外部リンク[編集]