高IQ団体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

高IQ団体とは、一定の知能指数(IQ)を持つ者のみが入会できる団体のことである。最も古く有名な団体としては、1946年設立のMENSAがある。他にも、1978年設立のTriple Nine Society、1982年設立のMega Societyなどがある。

概略[編集]

世界で最古の団体はランス・ウェアが1946年に設立したMENSAである。高い知能指数を持つことだけが入会条件となる、聡明な人々のための組織を作るのが動機である。政治的に中立で、人種宗教の違いから完全に自由である。MENSAは標準偏差15でIQ130(人口上位2%)が入会条件となっている。欧米ではギフテッド教育が進んでおり、IQテストの普及率が高く、米国などを中心に多くの高IQ団体が存在する( Triple Nine Societyなど)。多くの団体は、会員同士の知的な交流、社会活動の促進などを目的に設立されており、会員専用のSNSなどで連絡を取り合っている[1][2]。下記にも示したOLYMPIQ、HELLIQ、CIVIQ、GRIQ、QIQ Societyといった、ワールド・インテリジェンス・ネットワークの設立者であるエヴァンゲロス・カツイオウリスが設立した団体は有名であり、IQによって入れる団体が異なる[3]

入会条件[編集]

団体が実施するIQテストを受験し、一定のIQであることを証明することが入会条件であることがあるが[4]、心理学者など専門家の実施するIQテストで代用できるところもある[5]。High IQ societyはネット上でIQテストが受験でき、そのスコアでTENSAやTORRにも入会が可能である[6]。現行のIQテストは標準得点で表示されており、IQのスコアは標準偏差による。例えば、MENSAは標準偏差24では148、標準偏差15ではIQ130が求められる(これはそれぞれ上位2%の知能指数に当たる)。

著名な団体[編集]

  • QIQ Society
    • IQ 115(sd 15)以上が条件。
  • TENSA
    • 上位10%当たるIQ120(sd 15)が条件[7]
  • MENSA
    • 会員は世界に11万人以上、IQ 130以上が条件(sd 15)。
  • GRIQ Society
    • IQ 130(sd 15)以上が条件。
  • Triple Nine Society
    • IQ131(sd 15)、IQ133(sd 16)が条件。2014年1月現在1225名が会員。
  • TORR
    • 標準偏差15でIQ145が条件。人口の上位0.13%に当たる[8]
  • CIVIQ Society
    • IQ 145(sd 15)以上が条件。
  • ISI Society
    • IQ 148(sd 15)以上が条件。さらに創造的な活動(絵画、詩、音楽演奏など)の審査もあり、高い知能指数と創造的・芸術的な才能が求められる[9]
  • HELLIQ Society
    • IQ 160(sd 15)以上が条件。
  • OLYMPIQ Society
    • IQ 175(sd 15)以上が条件。
  • Mega Society
    • 2014年1月現在、世界で26名が会員。100万人に1人のIQスコアが求められる。

日本の団体[編集]

他の先進国と比較すると、高IQ団体の数は少なく、サポート体制もまだ確立されていない。  

  • ジャパンメンサ(JAPAN MENSA) IQ130(SD15)/IQ148(SD24) 2%(1/44)未満が条件。
    • https://mensa.jp/
    • 試験会場にて受験(10,000円)。一生に3回まで受験可能。結果は合否のみ。入会費、年会費各3,000円
    • 独自検査(動作性行列推理が主体)
    • 目的:
    • 1.能力の知、育、と人類の向上
    • 2.知性に関する特徴や利用研究を推進
    • 3.会員の知的な社会活動の推進

 

  • 日本ギフテッド協会
    • 厳密な検査基準を設けず。NPO法人。子供から大人までが対象。
    • http://gifted.main.jp/
    • https://www.facebook.com/japan.gifted.association
    • 入会金2,000円+年3,600円。
    • Wais-Ⅲ,Wisc-4などの教育、医療機関での検査。
    • 目的:
    • ・当人、家族、社会が笑って暮らせる事を目指す。
    • ・ギフテッドを社会に理解してもらう。

 

  • パーセントワン(Percent One) IQ135(SD15)/IQ156(SD24) 1%(1/100)未満が条件。
    • https://www.facebook.com/iqover135
    • 試験回数制限を設けず。
    • ボランティアの為、年会費なし。
    • 外部機関のネット受験。
    • http://testmyintelligence.com/ 又は http://www.iq-test.com/ の何れかのテストを受ける。
    • 目的:
    • ・高い知能指数によって社会適合に悩んでいる人を助ける場の提供
    • ・当人が、自己を正しく認識できる様にすること。
    • ・同様な人同士でのコミュニティーを提供する事

 

  • ROCKET(高IQ及びアスペルガー等の特殊児童)
    • 東京大学先端科学技術研究センターが主催
    • 小学3年生〜中学3年生が対象。高IQ又は突出能力の為に、学習機会を失っている者。年に一度、一次、二次選考により選出。初年度15名を選出。

http://rocket.tokyo/

    • ** 目的:
    • ・アスペルガー、サヴァン症候群も含めた、突出した能力の為に、特別な教育を要する少年少女に適した『教育を行う事』

 

    • 傾向としては、
    • ジャパンメンサは高IQを楽しみ、前向きに社会に行動を起こす為の団体であり、
    • 日本ギフテッド協会、及びパーセントワンは、社会弱者となっている、又はなる可能性のある当人と家族の抱える悩みを解決する為の団体。精神面のサポート。(カウンセリングや教育機関の紹介などもおこなう)
    • ROCKETは、研究と実際の教育活動を行い、才能を伸ばす事。
    • となる。

著名人[編集]

関連[編集]

文献[編集]

  • 「IQってホントは何なんだ?」(村上宣寛、日経BP社、2007年)

外部リンク[編集]

  • gigi - TENSA、Torr、One Percentなどへの入会可能なIQテストサイト
  • fiqure - Civiqなどへの入会が可能なIQテストサイト

脚注[編集]

  1. ^ TENSA HP
  2. ^ MENSA HP
  3. ^ http://www.katsioulis.com/interviews/newspapers/2010-2/eleytheros-typos/
  4. ^ JAPAN MENSA
  5. ^ TENSA公式HP「list of society memberships and intelligence tests」参照。
  6. ^ High IQ society HP
  7. ^ TENSA
  8. ^ TORR HP
  9. ^ ISI society