高龍寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高龍寺
Kouryuji.jpg
高龍寺山門
所在地 北海道函館市
位置 北緯41度46分07秒 東経140度41分58秒 / 北緯41.76861度 東経140.69944度 / 41.76861; 140.69944座標: 北緯41度46分07秒 東経140度41分58秒 / 北緯41.76861度 東経140.69944度 / 41.76861; 140.69944
山号 国華山
宗旨 曹洞宗
創建年 1633年
開山 盤室芳龍
文化財 登録有形文化財(本堂・山門及び袖塀・位牌堂・開山堂・金毘羅堂・宝蔵・鐘楼・水盤舎・防火塀・土塀)
地図
高龍寺の位置(北海道内)
高龍寺
テンプレートを表示

国華山高龍寺(こうりゅうじ)は、北海道函館市にある曹洞宗の寺院。函館市内にある最古の寺院である。

歴史[編集]

  • 1633年 松前法源寺(曹洞宗永平寺派)の僧・盤室芳龍が、亀田(現在の万代町付近)に創建。
  • 1706年 幸坂下に移転。
  • 1869年 箱館戦争において、旧幕府軍が箱館病院分院として使用。しかし5月11日の箱館総攻撃の際、乱入した官軍兵により負傷者を殺害・放火され焼失。
  • 1879年 現在地に移転。
  • 1899年 現本堂が完成。
  • 1911年 東北以北最大といわれる山門が完成。
  • 2012年 本堂・山門など計10の建造物が登録有形文化財となる。

文化財ほか[編集]

蠣崎波響の最高傑作といわれる「釈迦涅槃図(北海道有形文化財)」を所蔵。

以下の建造物が登録有形文化財となっている。 本堂・山門及び袖塀・位牌堂・開山堂・金毘羅堂・宝蔵・鐘楼・水盤舎・防火塀[1]・土塀

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 函館で多かった大火に備えるため明治時代に造られた、レンガ造り。

参考資料[編集]

外部リンク[編集]