高須賀義博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高須賀 義博(たかすか よしひろ、1932年昭和7年)9月27日 - 1991年平成3年)11月9日)は、日本マルクス経済学者。元一橋大学経済研究所教授。エコノミスト賞受賞。

人物・経歴[編集]

愛媛県生まれ[1]日本統治時代の朝鮮出身[2]。1955年一橋大学経済学部卒業[1]。1957年一橋大学大学院経済学研究科修士課程修了[3][2]都留重人ゼミナール出身[4]。1966年、都留重人種瀬茂藤野正三郎の審査で、『現代価格体系論序説』で一橋大学経済学博士[5][6]一橋大学経済研究所教授在任中の1991年に死去[2][7]

1972年、『現代日本の物価問題』でエコノミスト賞受賞[8]。指導学生に米山高生(一橋大学名誉教授)[9]池尾和人慶應義塾大学教授)[10]北原徹立教大学名誉教授)[11]御崎加代子滋賀大学教授)[12]長尾史郎明治大学名誉教授)[13]磯谷明德九州大学教授)、海老塚明大阪市立大学教授)、植村博恭横浜国立大学教授)[14][15]都留康(一橋大学教授)、吉原直毅マサチューセッツ大学教授)[16]など。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『現代価格体系論序説』 岩波書店、1965年
  • 『再生産表式分析』 新評論、1968年
  • 『現代日本の物価問題』 新評論、1972年、改訂新版1975年
  • 『マルクス経済学研究』 新評論、1979年
  • 『現代のインフレーション――構造論的接近』 新評論、1981年
  • 『現代資本主義とインフレーション』 岩波書店、1981年
  • 『マルクスの競争・恐慌観』 岩波書店、1985年
  • 『マルクス経済学の解体と再生』 御茶の水書房、1985年、増補版1989年
  • 『鉄と小麦の資本主義――下降の経済学』 世界書院、1991年

編著[編集]

  • 『独占資本主義論の展望』 東洋経済新報社、1978年
  • 『シンポジウム『資本論』成立史〔佐藤金三郎氏を囲んで〕』 佐藤金三郎著、新評論、1989年

訳書[編集]

  • 『成長の経済学』 ポール・バラン著、浅野栄一共訳、東洋経済新報社、1960年
  • 『革新の政治経済学――マルクス主義・人間主義的観点からみた資本主義と社会主義』 ハワード・シャーマン著、宮崎犀一共訳、新評論、1974年、新装版1976年
  • 『マルクスの経済学――価値と成長の二重の理論』 森嶋通夫著、東洋経済新報社、1974年
  • 『価値・搾取・成長――現代の経済理論からみたマルクス』 森嶋通夫、カテフォレス著、池尾和人共訳、創文社、1980年
  • 『貨幣と抽象的労働』 監訳、ウルリッヒ・クラウゼ著、三和書房、1985年
  • 『「政治経済学」とマルクス主義――対立する資本主義観』 監訳、G・ドゥルプラス著、岩波書店、1988年
  • 『森嶋通夫著作集7 マルクスの経済学』 森嶋通夫著、岩波書店、2004年
  • 『森嶋通夫著作集8 価値・搾取・成長』 森嶋通夫、G・カテフォレス著、岩波書店、2004年

脚注[編集]