高須神社停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高須神社駅から転送)
移動先: 案内検索
高須神社停留場
恵美須町方面のりば(左)、浜寺駅前方面のりば(右)
恵美須町方面のりば(左)、浜寺駅前方面のりば(右)
たかすじんしゃ
TAKASUJINSHA
HN16 大和川 (0.5km)
(0.4km) 綾ノ町 HN18
所在地 大阪府堺市堺区北旅籠町東1丁
駅番号  HN17 
所属事業者 阪堺電気軌道
所属路線 阪堺線
キロ程 7.3km(恵美須町起点)
天王寺駅前から7.1km
駅構造 地上駅
ホーム 相対式 2面2線
開業年月日 1911年(明治44年)12月1日
テンプレートを表示

高須神社停留場(たかすじんしゃていりゅうじょう)は、大阪府堺市堺区北旅籠町東1丁にある阪堺電気軌道阪堺線停留場駅番号HN17

「神社」の読みは「じんじゃ」ではなく「じんしゃ」であり、車内アナウンスでもそのように放送されるが、由来は不明である。

歴史[編集]

  • 1911年(明治44年)12月1日 - 阪堺電気軌道の駅として開業。
  • 1915年(大正4年)6月21日 - 会社合併により南海鉄道の駅となる。
  • 1944年(昭和19年)6月1日 - 会社合併により近畿日本鉄道の駅となる。
  • 1947年(昭和22年)6月1日 - 事業譲渡により南海電気鉄道の駅となる。
  • 1980年(昭和55年)12月1日 - 事業譲渡により阪堺電気軌道の駅となる。

構造[編集]

相対式ホーム2面2線で、我孫子道側に手動式の上下渡り線がある。当駅から堺市街地(環濠内)に入るが、大道筋から東へ2筋目の十間筋の西側を沿う新設軌道上にホームがある。

周辺[編集]

  • 高須神社(たかすじんじゃ) - 堺区北半町東3-5
    • 駅名の由来になった神社で、当駅北東に隣接する。環濠である土居川(大半は埋立)に囲まれた堺市街地の北東角に位置する稲荷社
  • 旧鉄砲鍛治屋敷 - 堺区北旅籠町西1丁3-22
    • 北旅籠町西と桜之町西の中浜筋(当駅から西へ5筋目)沿いが鉄砲鍛冶の居住区になっていた。
  • 阪神高速15号堺線

隣の停留場[編集]

阪堺電気軌道
阪堺線
大和川停留場 (HN16) - 高須神社停留場 (HN17) - 綾ノ町停留場 (HN18)
  • ()内は駅番号を示す。

関連項目[編集]