高野耀子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高野耀子(こうの ようこ、1931年 - )は日本のピアニストである。

略歴[編集]

1931年、高野三三男の娘としてパリ モンパルナスに生まれる。

1938年、7歳の時、マグダ・タリアフェロに弟子入りする。

1940年、9歳の時、日本へ帰国する。

1946年、15歳の時、東京音楽学校(現・東京芸大)に入学する。

1948年、3年の途中で中退し、パリのコンセルヴァトワールに留学する。

ピアノをリュセット・デカーブ、室内楽をジョセフ・ベンヴェヌッティ(またはベンヴェヌーティ、Joseph Benvenuti)に学ぶ。

コンセルヴァトワールをプリミエ・プリで卒業する。[1]

その後3年間、デトモルト音楽院ハンス・リヒター=ハーザー(またはハーゼル、w:Hans Richter-Haaser)に学ぶ。

1954年、イタリアヴィオッティ国際音楽コンクールのピアノ部門で満場一致で優勝する。[2]

これは、日本人として初めての国際コンクールでの優勝である。

1965年より4年間、アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリに学ぶ。

1975年、ヴィオッティ国際コンクール審査員を務める。

1987-1988年カプリ国際コンクール審査員を務める。

1979年より、東京に在住する。以降、日本各地で継続的にリサイタルを開催する。

脚注[編集]

  1. ^ 素敵ピアノ先生のご紹介
  2. ^ 高野耀子 ピアノコンサート