高野太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高野 太郎(たかの たろう、1940年 - 2001年10月)は、ギタリスト歌手

生涯[編集]

福島県立郡山工業高校卒業後に、東北電力に就職する。アタウアルパ・ユパンキフォルクローレに惹かれ、1960年アルゼンチンに渡る。当地で、実際に、アタウアルパ・ユパンキ本人と出会う。

日本に戻りしばらくの後、1975年東京都港区六本木に、タンゴとフォルクローレのライブ演奏も行われるアルゼンチン料理の店『六本木カンデラリア』を開業する。営業日にタンゴの生演奏が聴けるタンゲリアとしての『六本木カンデラリア』は、日本においても、注目を浴びていた。日本において、アルゼンチンのフォルクローレの認知度を高める。『ガウチョ・ハポネス』(Gucho japonés、日本のガウチョ)というあだ名がある。アルゼンチンの牧童であるガウチョの文化を、日本に紹介する。アルゼンチンにもよく訪問し、アルゼンチン当地でプロのフォルクローレ歌手としてのライブもこなす。日本におけるフォルクローレおよびタンゴの発展に、大きく貢献する。1998年、アタウアルパ・ユパンキを偲びフォルクローレのライブが開かれる河口湖ユパンキ祭の開催に貢献する。

2001年10月に死去する。享年、61である。なお、『六本木カンデラリア』は、オーナーの高野太郎の闘病生活中の2001年に、閉店する。

著書[編集]

共著

  • チョンタルの詩―メキシコ・インディオ古謡 荻田政之助 誠文堂新光社 1981年 B000J7TYYM

参考文献[編集]

  • 高山智博編著『メキシコにかける夢 : 荻田政之助と日系移民の世界』平凡社,1986.11
  • 『生命の種まき : 女声合唱とピアノのために : チョンタルの詩』荻田政之助編, 高野太郎訳, 糀場富美子作曲. 河合楽器製作所・出版部, 2012

外部リンク[編集]