高野喜久雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高野喜久雄(たかの きくお、1927年昭和2年)11月20日 - 2006年平成18年)5月1日)は日本の詩人数学者新潟県佐渡出身。

宇都宮農専卒。神奈川県立高等学校教諭(数学)を勤めていた。2006年5月1日、神奈川県鎌倉市の自宅にて死去。

長男高野明彦国立情報学研究所教授。

荒地同人に参加。詩集はイタリア語にも訳され、高い評価を得ている。現代日本の代表的な合唱曲の一つ「水のいのち」(高田三郎作曲)などの作詞でも知られる。

数学関連では「πのarctangent relationsを求めて」(bit、1983年4月号、83-91ページ)を著している。高野喜久雄の公式と言い、2002年金田康正が日立のスーパーコンピュータを用いて円周率 π を小数第1兆2411億位まで計算した時に用いた。

著書[編集]

  • 『独楽』(中村書店、1957年)
  • 『存在』(思潮社、1961年)
  • 『闇を闇として』(思潮社、1964年)
  • 『高野喜久雄詩集』(思潮社、1966年)
  • 『高野喜久雄詩集』〈現代詩文庫〉(思潮社、1971年)
  • 『出会うため』(思潮社、1995年)

脚注[編集]