高野よしてる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高野 よしてる(たかの よしてる、本名・高野義輝、1923年8月22日 - 2008年11月15日)は、日本の雑誌編集者漫画家である。九州生まれ。関東商業学校(現・関東第一高等学校)、法政大学出身。漫画家としては19501970年(昭和25〜45年)頃まで月刊・週刊の漫画雑誌で活躍した。代表作は『赤ん坊帝国』『黒帯くん』『13号発進せよ』など。

経歴[編集]

1923年(大正13年)、九州に生まれる。4歳の頃に家族ともども東京に移り、以後東京で育つ。

中学の頃から漫画家を目指し、志を同じくする友人たちと共に「新世紀漫画集団」という名のグループを結成。日曜日になっては漫画について討論や研究、デッサンをしていた。このグループには高野と同じく後に漫画家となる加藤芳郎も所属していた。

1944年(昭和19年)に法政大学に入学するが、直ぐに学徒出陣世田谷の予備士官学校に行く。特殊警務要員(実はスパイ)になることを命じられ、予備士官学校卒業の後、本命令が出るまで若干の教育を受けていたが、その間に終戦を迎える。

戦後は大学を卒業し、身内が経営していた九州の建築会社に就職するが、道楽者だった社長が気に入らず、2年で辞める。兄の薦めで当時カストリ雑誌や総合誌『新生』などを出版していた新生社に勤務。

その後、創文社でカストリ雑誌『奇抜雑誌』等を創刊。編集長を勤めた。しかし、イラスト、漫画、デザインなど雑誌の内容の大半を担当していたにもかかわらず、原稿料が出なかったことに不満を持った。また、この頃から「高野よしてる」というペンネームを使い出す。

自分の作品がどこまで世間に通用するかということも試したかったので各誌に漫画を投稿し、大方採用されるも連載していた『ラッキー』という雑誌以外からは原稿料をもらえなかった。1949年(昭和24年)頃までそのような状況が続いていたが、1950年に光文社の漫画雑誌「少女」7月号で『ホクロちゃん』の連載を開始し、満を持して漫画家としてデビュー。連載中に『少女ブック』や『少女サロン』、『少女の友』等各社の少女漫画誌に作品を発表する。少年画報社から「『少年画報』に描いてみてくれませんか?」と男子向けの漫画を要望され、高い知能を持つ赤ん坊たちが地球を狙う侵略者と戦うSF長編作『赤ん坊帝国』を1952年から連載。以降、いわゆる月刊誌全盛期に『木刀くん』や柔道漫画『黒帯くん』、SF巨大ロボット漫画『13号発進せよ』等を連載し、正確な人物の関節や背景の遠近の描写等、質が高い非凡なデッサン力も相まってか、手塚治虫と肩を並べるほどの人気作家になった。

しかし、一ヶ月に200ページもの仕事量、不規則な生活、様々なプレッシャーが付きまとう日々を過ごしていく内に、「このままでは死んでしまう」と考え、1970年に断筆。

その後、東京・祐天寺カメラ店・株式会社タカノを創業。会長を務めた。

略年譜[編集]

人物[編集]

  • 中学時代は柔道部に所属。やんちゃだったらしく、柔道部や剣道部の連中とともに仲が悪い他校の連中と、高野曰く「血まみれの」喧嘩ばかりしていたという。
  • 手塚治虫と仲が良かった。

主な作品[編集]

  • ホクロちゃん(光文社「少女」1951年7月号〜1955年1月号)
  • 赤ん坊帝国(少年画報社少年画報」1952年6月号〜1953年9月号)
  • 地球をころがす少年(秋田書店冒険王」1954年1月号〜6月号)
  • 木刀くん(「冒険王」54年7月号〜58年頃)
  • 黒帯くん(集英社おもしろブック」1956年1月号〜不詳)
  • 13号発進せよ(講談社週刊少年マガジン」1959年3月17日号(創刊号)〜1960年(20号))
  • 東京ターザン(「日の丸」1960年1月号〜9月号)
  • 鉄腕キング(秋田書店「冒険王」1960年1月号〜4月号)
  • うなれ鉄拳(「中学生の友二年」1960年4月号〜8月号)
  • 悪魔の発明(原作:ジュール・ベルヌ、小学館「小学六年生」1960年夏休増刊号付録)
  • 雨にさく花(講談社「なかよし」1960年夏休み増刊号)
  • 俺はやるぞ(小学館「週刊少年サンデー」1965年 2号〜 16号)
  • ニチボー・バレーチーム物語(小学館「小学六年生」1965年6月号7月号)
  • 小野香選手物語 涙の大車輪(小学館「小学六年生」1965年11月号付録)
  • 一万三千人の容疑者(小学館「小学六年生」1967年1月号〜 2月号)
  • 死者からの手紙(原作:柳柊二、小学館「小学六年生」1967年4月号)
  • あらしの夜行列車(小学館「小学六年生」1967年5月号6月号)
  • 秘密指令Q9(小学館「小学六年生」1967年9月号10月号)

単行本[編集]

アシスタント[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 「月刊コミックアゲイン」(みのり書房79年7月号
    • 「児漫長屋 第1期漫画黄金時代を語る!」と題して高野やうしおそうじらが戦後の幼年漫画黎明期を語る座談会を収録。
  • 宇田川岳夫「マンガゾンビ」(太田出版、97年
    • 『赤ん坊帝国』(高野版、泉版ともに)、『13号発進せよ』『黒帯くん』を詳細な経歴を交えつつ紹介している。
    • 『奇抜雑誌』、断筆に至った経緯、インタビュー時の身辺などを語ったロングインタビューも収録。
  • 「少年なつ漫王」第28号(アップルBOXクリエート、00年
    • 高野よしてるを特集。高野が描いたオリジナルの『赤ん坊帝国』全話や『地球をころがす少年』全話、短編等を掲載。
    • ロングインタビュー(「マンガゾンビ」と同じような内容ではあるが、若干矛盾点がある)や米沢嘉博らの寄稿文、作品リストも掲載。