高谷惣亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高谷 惣亮
個人情報
国籍日本の旗 日本
生誕 (1989-04-05) 1989年4月5日(33歳)
京都府竹野郡網野町(現・京丹後市
身長178 cm (5 ft 10 in)
スポーツ
競技男子レスリング・フリースタイル
種目74kg級→79kg級→86kg級
獲得メダル
男子 レスリング・フリースタイル
レスリング世界選手権
2014 タシュケント 74kg級

高谷 惣亮(たかたに そうすけ、1989年4月5日 - )は、京都府竹野郡網野町(現・京丹後市)出身のレスリング選手(フリースタイル)。ALSOK所属。現在の階級は86kg級。

2012年ロンドンオリンピック2016年リオデジャネイロオリンピックのオリンピック2大会に74kg級で出場しており、2014年レスリング世界選手権では74kg級で銀メダルを獲得した。鋭いタックルが武器であり、「タックル王子」のニックネームを持つ[1]

経歴[編集]

小学校低学年次には空手を習っていが、小学校6年次にレスリングをはじめた[1]。中学校までは地元の網野町少年レスリング教室に通い、2004年(平成16年)には全国中学生レスリング選手権大会の男子59kg級で優勝した[1]京都府立網野高等学校入学時は66kg級だったが、高校2年次に74kg級に転向した[1]。網野高校在学中の2007年(平成19年)、全日本レスリング選手権大会で準優勝して一躍注目された。網野高校卒業後には拓殖大学に進学し、2008年(平成20年)の北京オリンピックの際には代表候補となったが、最終予選で敗退してオリンピック出場は果たせなかった。

2011年(平成23年)の全日本レスリング選手権大会で初優勝[1]。2012年(平成24年)3月にカザフスタンで開催されたロンドンオリンピックアジア予選で準優勝し、74kg級で本大会の出場権を獲得した。ロンドンオリンピック本大会では初戦敗退だった。

2014年(平成26年)の世界選手権74kg級では決勝に進出し、決勝ではロシアのデニス・ツァルグシュに2-8で敗れて銀メダルを獲得した[2]。3回戦でベラルーシのムラト・ガイダロフと対戦し、相手にパンチをされるなどの反則攻撃を受けたものの4-0で破ったが、準決勝前にはガイダロフが高谷の頭に熱湯をかける事件が起こった。ガイダロフは敗者復活戦でもラフプレーの反則を犯して反則負けとなり順位を剥奪された。それだけにとどまらず、別の試合の判定にも抗議するため審判席に乗り込んで、世界レスリング連合(UWW)の事務総長や審判員に暴行を働くなど傍若無人の態度に打って出た。ガイダロフは2004年(平成16年)のアテネオリンピックにおいても、ブバイサ・サイティエフに敗れた後に殴りかかる事件を起こしていた。日本レスリング協会は書面で世界レスリング連合に厳重抗議し[3][4][5][6]、世界レスリング連合はガイダロフに3年間の出場停止処分と罰金1万スイス・フラン(約135万円)を科した[7][8]

2016年(平成28年)3月にはリオデジャネイロオリンピックのアジア予選に右膝じん帯損傷のケガを抱えながらも出場して、決勝に進んだことで出場権を獲得することになり、オリンピック代表に決まった[9]。リオデジャネイロオリンピック本大会では7位となった。

2017年世界選手権では初戦でアルメニアのグリゴール・グレゴリヤンと対戦したが、頭突きを喰らったのみならず脇腹を噛み付かれて反則勝ちとなった。高谷はその後の試合に敗れ[10]、8位となった。2017年(平成29年)には非五輪種目の79kg級に転向し、2018年(平成30年)には86kg級に転向した[1]。2021年(令和3年)に開催される2020年東京オリンピックの出場権を獲得[11]

2021年8月の東京オリンピックでは初戦でオスマン・ゴシェン(トルコ)に敗れ[12]、その後の敗者復活戦に回れなかったため敗退した[13]

家族[編集]

三人兄弟の次男であり、長兄の高谷朋和、三男の高谷大地もレスリング選手である。長兄高谷朋和は網野高校から徳山大学に進学、三男の高谷大地は、次男惣亮同じく網野高校から拓殖大学に進学し、2013年全日本選抜レスリング選手権で優勝している[14]

成績[編集]

国際大会[編集]

オリンピック
レスリング世界選手権
  • 2019年 86kg級 10位
  • 2018年 79kg級 11位
  • 2017年 74kg級 8位
  • 2015年 74kg級 14位
  • 2014年 74kg級 準優勝
  • 2013年 74kg級 7位

国内大会[編集]

全日本レスリング選手権大会
  • 2020年 92kg級 優勝
  • 2019年 86kg級 優勝
  • 2018年 86kg級 優勝
  • 2017年 79kg級 優勝
  • 2016年 74kg級 優勝
  • 2015年 74kg級 優勝
  • 2014年 74kg級 優勝
  • 2013年 74kg級 優勝
  • 2012年 74kg級 優勝
  • 2011年 74kg級 優勝
  • 2010年 74kg級 3位
  • 2007年 74kg級 準優勝
全日本選抜レスリング選手権大会
  • 2019年 86kg級 優勝
  • 2018年 79kg級 優勝
  • 2017年 74kg級 優勝
  • 2015年 74kg級 優勝
  • 2014年 74kg級 優勝
  • 2013年 74kg級 優勝
  • 2011年 74kg級 3位
  • 2008年 74kg級 準優勝
その他の大会

主なメディア出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f めまい、不眠、恐怖心…それでも“過酷な減量”は必要か レスリング・高谷惣亮の「甘えではない」戦い方 Number Web、2021年2月5日
  2. ^ 高谷惣 男子2大会ぶり銀 リオのエースだ!スポーツニッポン 2014年9月10日
  3. ^ 帰国した銀メダリスト衝撃告白! 高谷惣 熱湯かけられる暴挙スポーツニッポン、2014年9月12日
  4. ^ 高谷惣亮(ALSOK)がベラルーシ選手から暴行を受ける」日本レスリング協会、2014年9月11日
  5. ^ レスリング熱湯かけ男は札付きのワルだった」The PAGE、2014年9月12日
  6. ^ 高谷が熱湯被害…男子レスリングの反則行為はなんでもあり」日刊ゲンダイ
  7. ^ レスリング高谷の頭に熱湯、ベラルーシ選手処分読売新聞、2015年1月19日
  8. ^ ムラド・ガイダロフ(ベラルーシ)の処分は「3年間の出場停止と罰金135万円」」日本レスリング協会、2015年1月20日[リンク切れ]
  9. ^ レスリング高谷、弟とタッグでリオ金だデイリースポーツ、2016年3月22日
  10. ^ レスリング世界選手権で噛み付き、頭突きのプロレス技反則の暴挙」The PAGE、2017年8月27日
  11. ^ レスリングの高谷惣亮、東京五輪代表に内定 3大会連続」読売新聞、2021年5月7日
  12. ^ “初戦敗退の高谷惣亮「敗者復活の可能性はもうほぼない…もうぼくのオリンピックはここで終わり」【東京五輪レスリング】”. 中日スポーツ. https://www.chunichi.co.jp/article/304444?rct=othersports 2021年8月4日閲覧。 
  13. ^ “オリンピック レスリング 高谷惣亮 1回戦で敗退”. 日本放送協会. https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210804/k10013180011000.html 2021年8月4日閲覧。 
  14. ^ 高谷大地フリー60キロ級V レスリング」日刊スポーツ、2013年6月16日

外部リンク[編集]