高見沢遠治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高見沢 遠治(たかみざわ えんじ、1890年11月19日1927年6月11日)は日本浮世絵複製家。正しくは高見澤遠治。

略歴[編集]

東京府日本橋区日本橋横山町の出身。高見沢商店を経営する家に生まれた。慶応義塾普通部を卒業、太平洋画会研究所にて油絵を学んだ。浮世絵版画の複製に関心を示し、喜多川歌麿などの錦絵を独力で複製する。その卓越した直しの技術は画商による不正行為を呼び、1918年に自ら廃業している[要出典]

その後、才能を惜しんだ文化財保護者の吉田幸三郎から「浮世絵保存刊行会」で複製浮世絵の制作を勧められ、会員の岸田劉生らからその高度な技術を高く評価される[1]。36歳で夭折。

ノンフィクション作家の高見澤たか子は弟の娘(姪)に当る[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 畑江 2019, pp. 25-42.

参考文献[編集]

  • 高見澤たか子『ある浮世絵師の遺産 高見沢遠治おぼえ書』東京書籍 1978年
  • 上田正昭ほか編 『日本人名大辞典』 講談社、2001年
  • 日外アソシエーツ編 『20世紀日本人名事典』 日外アソシエーツ 、2004年
  • 畑江麻里「大正期「複製浮世絵」における高見澤遠治 : その卓越した精巧さの実見調査と、岸田劉生らに与えた影響の考察」『Lotus:日本フェノロサ学会機関誌』第39号、2019年3月、 25-42頁。