高見沢忠雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高見沢 忠雄(たかみざわ ただお、1899年1985年2月17日)は日本浮世絵複製家。

略歴[編集]

1899年に東京に生まれる。高見沢遠治の弟。慶応義塾卒業。兄の浮世絵版画複製技術を継承、1911年高見沢木版社(現・高見沢木版研究所)を創業する。忠雄は浮世絵の復刻、木版画集の出版をし続けながら、浮世絵の研究、近世初期風俗画の研究をしている。1985年2月17日、聖マリアンナ医科大学附属病院において悪性腫瘍による心不全によって死去する。

著書[編集]

  • 『南蛮屏風』 共著 鹿島出版会、1970年

参考文献[編集]