高見堅志郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高見 堅志郎(たかみ けんしろう、1933年10月9日 - 1996年9月16日)は、日本美術評論家

略歴[編集]

兵庫県生まれ。

1957年早稲田大学文学部卒業。1961年同大学院修士課程(美術史学専攻)修了[1]。1963年武蔵野美術大学講師、助教授、武蔵野美術大学短期大学部生活デザイン学科教授。1987年から雑誌『武蔵野美術』の責任編集者を務める[2]

著書[編集]

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • ピカソ』H.L.C.ヤッフェ解説 美術出版社 1965
  • ジョージ・ケペッシュ『造形と科学の新しい風景』佐波甫共訳 美術出版社 1966
  • ルイーズ・ボーウェン・バリンジャー, レイモンド・A.バリンジャー『西洋の看板 サイン・シンボル・フォーム』美術出版社 1971
  • アントン・エーレンツヴァイク『芸術の隠された秩序 芸術創造の心理学』岩井寛,中野久夫共訳 同文書院 1974
  • ローレンス・アロウェイ『ロイ・リキテンスタイン坂上桂子共訳 美術出版社 モダン・マスターズ・シリーズ 1990

脚注[編集]