高砂丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
TakasagoMaru1937.JPG
船歴
起工 1936年6月9日[1]
進水 1936年12月1日[2]
竣工 1937年4月28日[2]
その後 1956年3月23日に売却後、解体[1]
主要目
総トン数 9,347 トン[3]
9,315 トン[1]
載貨重量トン数 5,997 トン[3]
全長 142.09 m[3]
垂線間長 139.99 m[1]
全幅 18.50 m[3]
型深 11.60 m[3]
吃水 7.524 m(満載平均)[3]
4.485 m(空艙平均)[3]
主機 三菱ツェリー式二段減速装置付蒸気タービン 2基2軸[3]
出力 12,641馬力(最大)[3]
9,500馬力[3]/11,000馬力[1](計画)
航海速力 15.34ノット[1]
16ノット[3]
最高速力 20.15ノット[3]
船客定員 計 901名[1]/958名[3]
  • 一等 45名[1][3]
  • 二等 156名(うち和室客室定員62名[4][1][3]
  • 三等 700名[1]/757名[3]
乗員 187名[3]

高砂丸(たかさごまる)は、

  1. 日本の商船の名前のひとつ。
  2. 1.のうち、かつて大阪商船(現:商船三井)が所有・運航していた貨客船太平洋戦争では特設病院船、戦争終結後は引揚船として運用された。本項において記述。
  3. 1.のうち、1859年イギリスで建造された鉄製外輪船デルタを1874年(明治7年)に日本政府が購入して台湾出兵に使用。後に郵便汽船三菱会社に下付されて高砂丸と命名され、スクリュー船に改造される。日清戦争後の1898年(明治31年)にアメリカ船主に売却され、センテニアルと改名される。日露戦争末期の1905年(明治38年)9月13日、密輸船として運用されていた際に宗谷海峡で拿捕されるが、拿捕が9月5日のポーツマス条約調印後のため釈放されたが、アメリカに帰国の途中で消息を絶つ。その後、1913年樺太北方で氷海に閉ざされているところをロシア人一行に発見されるが、以後の消息は不明。デルタ時代には、「スエズ運河を最初に通過したイギリス船」という栄誉を得ている[5]
  4. 1.のうち、日本海洋漁業が所有していた275トンのトロール船日中戦争から太平洋戦争にかけて特設掃海艇として徴傭され、1944年(昭和19年)9月24日にパラオマラカル島沖で沈没した[2]

概要[編集]

文中、トン数表示のみの船舶は、一部の例外を除いて大阪商船の船舶である。

商業航海時代[編集]

大阪商船は1896年(明治29年)に大阪[注釈 1]基隆間の航路を台湾総督府命令航路として定期航海を下命され、遅れて同区間の航路を命令航路として下命された日本郵船[注釈 2]との間で競争を繰り広げるが、大阪商船では、大型船の投入などで常に先手を打ってサービスの向上に努めた。大正時代までは笠戸丸(6,209トン)や「亜米利加丸」(6,030トン)、蓬莱丸(9,205トン)など他の船会社や外国からの購入船で占められていたが、昭和時代に入り、台湾航路向けとして初めての新造船となる高千穂丸(8,154トン)が竣工した。しかし時代の趨勢とともに台湾の重要度が増し[6]、高千穂丸を拡大改良[7]した貨客船が投入される事となった。これが高砂丸である。

高砂丸は、1937年(昭和12年)4月28日に三菱重工業長崎造船所で竣工した。大阪商船の主任造船技師だった和辻春樹は高千穂丸に続いて客室部分の甲板の反りを廃止して極力水平に近づけ、居住性を高めた。その一方で、外観上は高千穂丸とは異なって流線型を多用するなど「美意識が潜んだデザイン」[8]で纏め上げられた。機関部も改良が加えられ、機械室の主復水器の配置方法や主軸受けの位置を変更してスペースの縮小と重量軽減に取り組んだ[8]シーマージンは30%程度に設定され、「少し石炭を余分に焚くと忽ち20ノットに増速した」[8]が、これは命令航路では到着時刻の厳守が規定されており[8]、荒天時の航海での遅れを取り戻すための措置だった[8]。大阪商船の台湾航路就航船の中で、文字通り「最大、最新、最高速」[8]を誇ったが、スペック面では高砂丸の竣工に先立つ1ヵ月前に完成した近海郵船の富士丸(9,138トン)とほぼ同等であった[1][9]。高砂丸の就航に先立ち、これまで台湾航路に就航していた瑞穂丸(8,506トン)は大連航路に転属となった[8]

竣工後は5月10日から12日に芝浦ふ頭で、5月18日に神戸港中突堤でそれぞれお披露目が行われ[8]、神戸でのお披露目の2日後の5月20日に処女航海で基隆に向かった[8]。高砂丸の運航スケジュールに関しては高千穂丸および蓬莱丸とともに月3往復の就航で[8][4]、基隆行は神戸を正午に出港し、門司には翌日の未明に到着して正午に出港、2日後の正午に基隆に到着[4]。逆の神戸行は午前11時に基隆を出港して2日後の午後1時に門司に到着し、午後5時に出港して翌日の午前10時に神戸に到着するという高砂丸専用のダイヤグラムが組まれ[4][注釈 3]、富士丸を筆頭とする近海郵船の船舶とのサービス競争を繰り広げた[8]。就航後間もなく日中戦争が勃発し、高千穂丸が一時日本陸軍に貸上げされたが[10]、高砂丸は1941年(昭和16年)11月まで台湾航路に就航し続けた[8][注釈 4]

病院船時代[編集]

病院船時の高砂丸

「高砂丸」は昭和16年11月12日付で日本海軍に徴傭され、12月1日付で特設病院船として入籍する[2]。12月20日まで三菱重工業神戸造船所で特設病院船としての艤装工事を行った後[2]連合艦隊主力部隊に配属される[11]。12月23日に連合国側に朝日丸(日本郵船、9,326トン)および氷川丸(日本郵船、11,622トン)とともに病院船として船名を通告され[12]、南方方面に出動する。蘭印作戦の進捗に伴い、朝日丸では負傷者がさばききれないと見込まれたため[13]1942年(昭和17年)1月末から朝日丸に代わってダバオ方面で行動[14][15]。3月からはマカッサルなどセレベス島方面を行動するが[16]、4月26日に最初の災難に見舞われた。高砂丸はこの日の未明1時38分頃[17]南緯03度19分 東経127度27分 / 南緯3.317度 東経127.450度 / -3.317; 127.450アンボン近海[17]を航行中にアメリカの潜水艦ピカーレル (USS Pickerel, SS-177) に発見されてしまう。ピカーレルは商船の煙を発見して戦闘配置を令した[18]。4月26日に入ってすぐ、ピカーレルが艦首発射管から4本、艦尾発射管から1本の魚雷を発射し1本が命中した[18]。ピカーレルは浮上して目標を追跡し[18]、さらに魚雷を2本発射したものの命中しなかった[18]。そのうち、金剛丸級客船と思しき艦船[19]が高速でピカーレルの方に向かってくる気配があったので、ピカーレルはスコールにまぎれて戦場を離脱した[20]。ピカーレルが「金剛丸級客船」と判断した艦船こそ他ならぬ高砂丸であり、高砂丸は魚雷の命中によりと舵取機械および船体の一部を損傷した[17][21][22]。この攻撃に対する抗議は1943年(昭和18年)12月になってようやく行われたが、連合国側から昭和18年5月14日の伊号第一七七潜水艦(伊177)によるオーストラリア病院船セントー英語版(3,222トン)の撃沈事件[23]を持ち出される一幕もあった[24]。また、アメリカ政府は「この攻撃はアメリカ側に高砂丸が病院船として通告される前の件」とする[25]。ともあれ、高砂丸は修理のため後方に下がる事となった。

修理後はソロモン諸島方面に進出した。だがショートランド停泊中の11月1日に爆撃を受け、至近弾により損傷する[26]。修繕後は再びトラック諸島ラバウルなど南東方面と、別府横須賀などとの間での患者輸送や診療に従事するが[27][28][29]、直接現地に赴いて患者を収容したほか、氷川丸や天応丸(6,076トン)から患者を託されて後送するパターンもあった[30]1944年(昭和19年)1月以降の第十八次航海[31]は南西方面を行動し[32]マニラ、ダバオ、アンボン、クパンスラバヤなどに点在する海軍病院や艦船、陸上部隊を巡って[33][34]3月12日に佐世保に寄港の後、3月14日にに帰投[31]。次の航海ではトラック[31]メレヨン島およびパラオ方面を巡るが[35]、高砂丸はこの航海で二度目の災難に遭遇した。

パラオは高砂丸が向かう少し前の3月30日から3月31日にかけてアメリカ第58任務部隊マーク・ミッチャー中将)の攻撃を受けたが(パラオ大空襲)、その際に艦載機の一部は環礁内および環礁に至る水道機雷を投下して敷設した[27]。環礁南方の水道は比較的安全と見られており、高砂丸も環礁に入る際は南方の水道から入るよう指示を受けていた[36]。4月9日朝8時10分、高砂丸はヨオ水道を通過中に2発の磁気機雷に触雷し、翌4月10日までには後甲板まで浸水して沈没の危機に陥った[35]。収容患者を近在の小島に避難させ[37]、陸上部隊の応援を得た懸命の排水作業の結果沈没は免れ、4月25日に機械室の排水が終わったのに続き、4月30日に全ての排水作業が終了して応急修理に取り掛かった[35]。5月21日には全ての応急修理が完了し、患者および南洋庁関連の引揚者を乗せて5月26日にパラオを出港[38]。6月3日に呉に帰投し、三菱重工業神戸造船所に回航されて本格的な修理が行われた[39]。修理は9月16日までに終わり、9月16日に呉を出港してマニラに向かう[40]。しかしマニラ入港直前の9月21日午後にアメリカ第38任務部隊機の機銃掃射を受け、窓ガラスが破損するなどの被害を受けた[41]。また同じ9月21日の午前中には、海中からはアメリカの潜水艦ハッド(USS Haddo, SS-255) が高砂丸を目撃しており、太平洋艦隊司令長官チェスター・ニミッツ大将の長男でハッドの艦長のチェスター・W・ニミッツ・ジュニア少佐は、目撃した高砂丸のことを「美しい病院船」と戦時日誌に記した[42]。そのハッドも同日夜に測量艦勝力を撃沈しているが、勝力はハッドの雷撃で撃沈される前に高砂丸と同様に機銃掃射を受けて負傷者を出し、そのうち重傷者2名を行き逢った高砂丸に移送している[43]。9月24日には北緯12度11分 東経119度48分 / 北緯12.183度 東経119.800度 / 12.183; 119.800の地点で未知の暗礁に触れて右舷側の推進軸と船底を破損した[44]。10月7日に呉に帰投の後、再び三菱重工業神戸造船所で修理が行われた[45]。この頃、高砂丸の船底に300トン容量の重油タンクが設置される工事が行われようとしていたが、「良識派の意見」が通って工事直前に中止になった[46]

1945年(昭和20年)に入っても高砂丸は精力的に行動を続けた。2月は台湾方面を行動したが、2月28日午後に北緯23度17分 東経117度28分 / 北緯23.283度 東経117.467度 / 23.283; 117.467の地点で3機のB-25の機銃掃射を受け、船体に若干に被弾があった[47]。3月19日には呉軍港空襲のとばっちりで至近弾3発を受け[48]、4月26日にも別府出港直後に瀬戸内海で触雷したが[49]、いずれも大事には至らなかった。極めつけの出来事は7月に起こった。7月3日、ウェーク島に向かっていた高砂丸はアメリカの駆逐艦マリー (USS Murray, DD-576) の臨検を受けた[46][50]。上空では1機のB-24が監視飛行を行っており、4時間半もの臨検により食糧にチェックが入ったが[46]、これは大きな意味を持っていた。主戦場から置き去りにされたウェーク島では食糧が極端に欠乏し、在ウェーク島の陸海軍部隊将兵はほぼ全員が栄養失調状態に陥っていたが、潜水艦による補給では十分に食糧を賄う事ができなかった。高砂丸の搭載していた食糧は、アメリカ軍側に「在ウェーク島の陸海軍部隊将兵に渡す食糧」として見られたのか「高砂丸が国際法違反の「病院船による食糧輸送」を企図している」と疑いをかけられ、翌7月4日にウェーク島に入港して患者の収容を行った際にも、上空では2機のアメリカ軍機が監視飛行が行われて収容時間自体も6時間に限定され[46]、帰途にも再び駆逐艦の臨検を受けた[46]。結果的には往路で臨検を受けたことにより患者収容しか行わなかった[51]事もあってか、「シロ」判定となって咎めはなかった[注釈 5]

引揚船時代[編集]

8月15日に終戦を迎えて間もない9月1日、高砂丸は東京港を出港してメレヨン島に急行した[26][46]。餓死寸前に陥っていたメレヨン島の陸軍独立混成第五〇旅団を収容し、10月2日に別府に帰着した。その後は第二復員省復員輸送艦に指定され、上海方面からの引揚輸送に任じる[46]1949年(昭和24年)からは、ナホトカからのシベリア抑留兵士輸送に転じ、ナホトカと舞鶴との間を往復した[26]。その第一陣2,030名を輸送した際、船内ではいわゆる「洗脳集団」が貴賓室などに陣取って毎朝インターナショナルを高唱し、そうでない者は船倉の隅に押しやられていた[26]1952年(昭和27年)からの中華人民共和国からの引揚輸送にも興安丸(東洋郵船、7,079トン)とともに従事した[52]。なお、特設病院船としては昭和20年10月5日付で除籍され、1946年(昭和21年)8月20日付で解傭された[2]

戦後の大阪商船は、高砂丸をどう起用するか持て余していたと見る向きがある[46][注釈 6]。台湾が終戦により日本の領土でなくなったこともあったが、同じく戦争を生き延びた氷川丸が国内航路、次いでヨーロッパ航路、ついには古巣のシアトル航路に返り咲いたのとは対照的であった。1951年(昭和26年)頃には移民船として南米航路への転用が計画されていたが、石炭焚であったことと国会で計画の予算が削減されたことがネックとなり、転用は実現しなかった[26][52][注釈 7]。その後、一連の引揚輸送に目処がついた後に因島に係留され[52]、高砂丸は1956年(昭和31年)3月23日に解体のため名村造船所に売却、大阪堺港にて解体された[1]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 後に神戸に変更。
  2. ^ 1923年(大正12年)から1939年(昭和14年)の間は近海郵船
  3. ^ 高千穂丸と蓬莱丸は、基隆行は基隆到着が午後2時という点のみ高砂丸とは同じだが、神戸行は午後5時半基隆出港、3日後の未明に門司に到着し午後1時出港、翌日未明に神戸到着というダイヤが組まれた(#内台連絡航路)。
  4. ^ その後の台湾航路については高千穂丸を参照のこと。
  5. ^ これに類似する事柄については橘丸事件も参照のこと。
  6. ^ 高砂丸と似たような境遇の大阪商船の貨客船としては、大連航路用貨客船として建造されたものの戦争により予定航路に就航せず特設潜水母艦として運用された筑紫丸(8,136トン)がある。筑紫丸も引揚輸送に従事した後は長期係船の末、昭和27年にパキスタンの船会社に巡礼船として売却された(#野間p.588、#木俣残存pp.44-45, p.358)。
  7. ^ 南米航路用貨客船としては、あるぜんちな丸(2代)(10,864トン)を新造することが決定した。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l なつかしい日本の汽船 大阪商船の所有船舶 高砂丸” (日本語). 長澤文雄. 2012年1月27日閲覧。
  2. ^ a b c d e f #特設原簿p.109
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q #日本汽船名簿
  4. ^ a b c d #内台連絡航路
  5. ^ #山高pp.60-62
  6. ^ #野間p.97
  7. ^ #松井p.42
  8. ^ a b c d e f g h i j k l #野間p.589
  9. ^ #山高p.179
  10. ^ #軍隊貸上船一覧表p.2
  11. ^ #連合艦隊(1)p.15
  12. ^ #病院船
  13. ^ #朝日丸(1)pp.9-10
  14. ^ #朝日丸(1)pp.12-13, p.15
  15. ^ #朝日丸(2)pp.29-31
  16. ^ #朝日丸(2)p.55
  17. ^ a b c #高砂丸(1)p.7
  18. ^ a b c d #SS-177, USS PICKERELp.147
  19. ^ #SS-177, USS PICKERELp.157,160
  20. ^ #SS-177, USS PICKERELp.147,157
  21. ^ The Official Chronology of the U.S. Navy in World War II Chapter IV: 1942” (英語). HyperWar. 2012年1月29日閲覧。
  22. ^ #SS-177, USS PICKERELp.171
  23. ^ #木俣潜p.440
  24. ^ #高砂丸(1)pp.10-11
  25. ^ #高砂丸(1)pp.38-39
  26. ^ a b c d e #野間p.590
  27. ^ a b #木俣残存p.357
  28. ^ #高砂丸(2)p.3
  29. ^ #高砂丸(3)p.3
  30. ^ #高砂丸(2)p.30,36
  31. ^ a b c #高砂丸(5)p.5
  32. ^ #高砂丸(3)p.17
  33. ^ #高砂丸(3)pp.17-18
  34. ^ #高砂丸(4)pp.28-29
  35. ^ a b c #高砂丸(6)p.30
  36. ^ #木俣残存pp.357-358
  37. ^ #高砂丸(6)p.33
  38. ^ #高砂丸(7)pp.2-3,p.7
  39. ^ #高砂丸(8)p.25
  40. ^ #高砂丸(9)p.43
  41. ^ #高砂丸(9)pp.43-44
  42. ^ #SS-255, USS HADDOp.165
  43. ^ #勝力p.21
  44. ^ #高砂丸(10)pp.52-55
  45. ^ #高砂丸(11)pp.2-3
  46. ^ a b c d e f g h #木俣残存p.358
  47. ^ #高砂丸(12)pp.26-28
  48. ^ #高砂丸(13)p.4
  49. ^ #高砂丸(14)p.15
  50. ^ The Official Chronology of the U.S. Navy in World War II Chapter VII: 1945” (英語). HyperWar. 2012年1月31日閲覧。
  51. ^ #戦史13p.483
  52. ^ a b c #木俣残存p.359

参考文献[編集]

  • アジア歴史資料センター(公式)(外務省外交史料館)(防衛省防衛研究所)
    • Ref.B02032923100 『第一次帝国軍用病院船船名通告ノ件』。
    • Ref.C08050073100 『昭和十四年版 日本汽船名簿 内地 朝鮮 台湾 関東州 其一』、15頁。
    • Ref.C08050014400 『軍隊貸上船一覧表』。
    • Ref.C08030017800 『昭和十六年十二月一日 昭和十六年十二月三十一日 連合艦隊戦時日誌別冊第一 補給並二補給艦船ノ行動』。
    • Ref.C08030017900 『連合艦隊戦時日誌別冊第一 第六 補給並補給艦船ノ行動(六月分)』、1-8頁。
    • Ref.C08030762900 『自昭和十七年一月一日至昭和十七年一月三十一日 特設病院船朝日丸 戦時日誌』、1-22頁。
    • Ref.C08030762900 『自昭和十七年二月一日至昭和十七年二月二十八日 特設病院船朝日丸 戦時日誌』、23-45頁。
    • Ref.C08030762900 『自昭和十七年三月一日至昭和十七年三月三十一日 特設病院船朝日丸 戦時日誌』、46-68頁。
    • Ref.B02032926300 『病院船高砂丸他三隻ニ対スル不法攻撃ニ付抗議申入ノ件』。
    • Ref.C08030676700 『自昭和十八年十二月一日至昭和十八年十二月三十一日 特設病院船高砂丸戦時日誌』。
    • Ref.C08030676800 『自昭和十九年一月一日至昭和十九年一月三十一日 特設病院船高砂丸戦時日誌』、1-26頁。
    • Ref.C08030676800 『自昭和十九年二月一日至昭和十九年二月二十九日 特設病院船高砂丸戦時日誌』、27-53頁。
    • Ref.C08030676900 『自昭和十九年三月一日至昭和十九年三月三十一日 特設病院船高砂丸戦時日誌』、1-27頁。
    • Ref.C08030676900 『自昭和十九年四月一日至昭和十九年四月三十日 特設病院船高砂丸戦時日誌』、28-51頁。
    • Ref.C08030677000 『自昭和十九年五月一日至昭和十九年五月三十一日 特設病院船高砂丸戦時日誌』、1-22頁。
    • Ref.C08030677000 『自昭和十九年六月一日至昭和十九年六月三十日 特設病院船高砂丸戦時日誌』、23-42頁。
    • Ref.C08030677100 『昭和十九年九月二十一日 臨時医事報告』、42-50頁。
    • Ref.C08030677100 『昭和十九年九月二十四日 臨時医事報告』、51-58頁。
    • Ref.C08030677200 『自昭和十九年十月一日至昭和十九年十月三十一日 特設病院船高砂丸戦時日誌』、1-24頁。
    • Ref.C08030677200 『自昭和二十年二月一日至昭和二十年二月二十八日 特設病院船高砂丸戦時日誌』、25-53頁。
    • Ref.C08030677300 『自昭和二十年三月一日至昭和二十年三月三十一日 特設病院船高砂丸戦時日誌』。
    • Ref.C08030677400 『自昭和二十年四月一日至昭和二十年四月三十日 特設病院船高砂丸戦時日誌』。
    • Ref.C08030635800 『特務艦勝力戦闘詳報(第六号) 昭和十九年九月二十一日「マニラ」沖戦闘』、18-23頁。
  • 大阪商船 『内台連絡航路定期表 昭和十六年一月 - 三月』No.127、大阪商船、1940年
  • (Issuu) SS-177, USS PICKEREL. Historic Naval Ships Association. http://issuu.com/hnsa/docs/ss-177_pickerel?mode=a_p. 
  • (Issuu) SS-255, USS HADDO. Historic Naval Ships Association. http://issuu.com/hnsa/docs/ss-255_haddo?mode=a_p. 
  • 財団法人海上労働協会(編) 『復刻版 日本商船隊戦時遭難史』 財団法人海上労働協会/成山堂書店、2007年(原著1962年)。ISBN 978-4-425-30336-6
  • 防衛研究所戦史室編 『戦史叢書13 中部太平洋方面陸軍作戦(2)ペリリュー・アンガウル・硫黄島朝雲新聞社1968年
  • 木俣滋郎 『写真と図による 残存帝国艦艇』 図書出版社、1972年
  • 山高五郎 『図説 日の丸船隊史話(図説日本海事史話叢書4)』 至誠堂、1981年
  • 野間恒、山田廸生 『世界の艦船別冊 日本の客船1 1868~1945』 海人社、1991年ISBN 4-905551-38-2
  • 木俣滋郎 『日本潜水艦戦史』 図書出版社、1993年ISBN 4-8099-0178-5
  • 松井邦夫 『日本・油槽船列伝』 成山堂書店、1995年ISBN 4-425-31271-6
  • 野間恒 『商船が語る太平洋戦争 商船三井戦時船史』 野間恒(私家版)、2004年
  • 林寛司(作表)、戦前船舶研究会(資料提供) 『戦前船舶 第104号・特設艦船原簿/日本海軍徴用船舶原簿』 戦前船舶研究会、2004年
  • 松井邦夫 『日本商船・船名考』 海文堂出版、2006年ISBN 4-303-12330-7
  • 船舶技術協会『船の科学』1979年9月号 第32巻第9号
  • 海人社『世界の艦船』2001年12月号 No.590
  • 野間恒『商船三井船隊史 1884-2009』2009年

外部リンク[編集]