高石邦男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

高石 邦男たかいし くにお1930年3月3日 - )は日本官僚。元文部事務次官福田淳一財務事務次官は娘婿[1]

福岡県生まれ。福岡県立伝習館高等学校を経て、1953年九州大学法学部卒業、同大大学院法学研究科進学。

略歴[編集]

1989年リクルート事件に関する収賄罪容疑で逮捕。2002年最高裁判所で、「積極的な便宜供与行為をしていなかったとしても,文部省が私人の事業の遂行に不利益となるような行政措置を採らずにいたことに対する謝礼等の趣旨で利益を収受したときは、収賄罪における職務関連性が認められる。 」として懲役2年6月、執行猶予4年、追徴金2270万円が確定。

高石の長女の夫は福田淳一財務省事務次官である。

著書[編集]

  • 『学校経営の法律常識』明治図書出版 1966
  • 『校長の職務と責任 新版』安達健二共著 第一公報社 1980
  • 『心と体を育てる自然教室 よみがえる子どもたち』森田勇造共編著 学習研究社 1986
  • 『子どものしつけ22章 小学校入学までにこれだけは』加藤陸奥雄共編 教育開発研究所 1986
  • 『日本の心と教育の将来 高石邦男対談集』教育開発研究所 1988

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「週刊新潮」2017年8月17・24日夏季特大号 掲載

関連項目[編集]