高知県道384号北本町領石線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 8.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
高知県道384号標識

高知県道384号北本町領石線(こうちけんどう384ごう きたほんまちりょうせきせん)は高知県高知市北本町一丁目から同県南国市領石までを結ぶ一般県道である。全線が旧国道32号である。
北金田(きたかなだ)地区(高知県道374号との交差点)から一宮(いっく)地区(高知県道249号との交差点)までの区間は通称薊野(あぞうの)バイパスと言われる。

高知県交通のバスで行先が「バイパス経由○○」と表示されている場合、バイパスとは薊野バイパス区間のことを指す。

路線説明[編集]

  • 全線が旧国道32号であるため道の整備等はきわめていい道である。
  • 旧国道32号の面影は多くないが、領石方面側の案内標識には「高松 領石」(書き換えられる前は「領石」の箇所が「大豊」であった)との方面表記があり、この道が近年まで高知地区の最重要幹線だったことが判る。

別名[編集]

  • 薊野バイパス
  • 国道32号あるいは旧国道(一部の地元民は今も当県道を32号という人がいる)

見どころ[編集]

  • 北側に高知駅が見える高知駅前交差点が当県道の起点である。なお、南側にある道は国道32号支線である。高知東道路開通後の1997年に国道路線指定の変更が実施され、はりまや橋~高知駅前間では国道32号指定が残されたが、そこから東の区間は指定から外れた。
  • 高知駅前交差点から北金田交差点まで2車線区間が続く高知県道384号北本町領石線も、北金田交差点で斜め左に左折する。そこからは片側1車線道路である。なお、ここを直進すると高知県道374号高知南国線(通称・大津バイパス)である。かつて当県道が国道32号だった時代、交差点を境にして国道側が片側1車線、県道側が片側2車線というかなり違和感がある交差点であった。
  • 北金田交差点から一宮地区に向かって片側1車線道路であるものの比較的いい道を北に向かって進んでいく。というのもここは薊野バイパスという道で、国道32号のさらに一昔前の国道指定区間であった高知県道249号後免中島高知線の一宮~薊野~比島(ひじま)~相生町交差点(高知駅前交差点の東側にある交差点)の間のバイパス道路としてできた道である。
  • 一宮で県道249号の交差点を過ぎると、一宮地区の中心部を通り、それを過ぎると山を登り逢坂峠(おうさかとうげ)に達すると下っていく、逢坂峠から東は南国市岡豊町(おこうちょう)である。なお、南国市側から逢坂峠を登る際には登坂車線があるが、高知市側からは登坂車線はない。
  • かつての長宗我部氏の城下町の岡豊の中心部を走るものの、田園地帯が多い。なお小蓮(こはす)地区には高知大学医学部が南手にある。そこから岡豊山を登ると南手に岡豊城高知県歴史民俗資料館に行く道がある。また高知自動車道南国サービスエリアは上り線、下り線ともに当県道からも利用可能である。岡豊町をすぎると領石地区に入る。四国山地が北に見えるところで当県道の終点である国道32号の交差点を迎える。

接続道路[編集]

関連項目[編集]