高知県の県道一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高知県の県道一覧(こうちけんのけんどういちらん)は、高知県を通る県道の一覧である。県道番号標識設置を前提に1972年(昭和47年)2月1日から越境対応の県道番号へ変更され、越境主要地方道は1桁、県内完結主要地方道は2桁、越境一般県道は100番台、県内完結一般県道は200番台以降となった。県内完結一般県道が201号から始まるのは九州(長崎県を除く)と同様である。

主要地方道[編集]

001 - 010(越境路線)[編集]

011-055[編集]

一般県道[編集]

101 - 200(越境路線)[編集]

  • 101 船津野根線
  • 102 (欠番)
    ※大豊川之江線→1976年から主要地方道5号川之江大豊線
  • 103 (欠番)
    ※高野新居浜線→1976年から主要地方道6号高知伊予三島線などへ分割
  • 104 (欠番)
    ※久万池川線→1982年から主要地方道1号(2代目)となり、現在は国道494号の一部など
  • 105 (欠番)
    ※梼原野村線→1976年に愛媛県道・高知県道2号城川梼原線と愛媛県道35号野村城川線へ分割
  • 106 十和吉野線
  • 107 藪ヶ市松野線
  • 108 (欠番)
    ※西土佐松野線→1982年から主要地方道8号西土佐松野線
  • 109 (欠番)
    ※宿毛城辺線→1982年から主要地方道7号宿毛城辺線
  • 110 - 112 (欠番)
  • 113 東祖谷山大杉停車場線
    ※大半は国道439号との重複
  • 114 - 200 (欠番)

201 - 300[編集]

301 - 400[編集]

401 - 500[編集]

  • 401 - 500 (欠番)

501 - 502[編集]

関連項目[編集]