高知橋停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高知橋駅から転送)
移動先: 案内検索
高知橋停留場
高知駅前行きのホーム
高知駅前行きのホーム
こうちばし
Kochibashi
(医療法人野並会 高知病院前)
高知駅前 (0.3km)
(0.2km) 蓮池町通
所在地 高知県高知市駅前町
所属事業者 とさでん交通
所属路線 桟橋線(駅前線)
キロ程 0.3km(高知駅前起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 2001年(平成13年)3月27日*
備考 * 再開業日
テンプレートを表示

高知橋停留場(こうちばしていりゅうじょう)は、高知県高知市駅前町にあるとさでん交通桟橋線(駅前線)の路面電車停留場。2017年10月より「医療法人野並会 高知病院前(いりょうほうじんのなみかい こうちびょういんまえ)」の副駅名が使用されている。

歴史[編集]

高知橋停留場は2001年(平成13年)に新設された停留場である[1]。高知橋を名乗る停留場は1928年(昭和3年)のはりまや橋 - 高知駅前間の開通時に一度開業していたが、1944年(昭和19年)に廿代町通停留場(にじゅうだいまちどおりていりゅうじょう)に改称した後、1960年(昭和35年)に廃止された[1][2]。当停留場はそれから約40年後に改めて開業したものであり、かつての廿代町通停留場が復活したものと扱われることもある[2]

構造[編集]

桟橋線の軌道は道路上に敷かれた併用軌道であり、当停留場も道路上にホームが設けられる。ホームは2面あり、南北方向に伸びる2本の線路を挟み込むような配置をとるが、互いのホームは斜向かいに離れている[5]北に高知駅方面へ向かうホーム、南に桟橋方面へ向かうホームがあり[5]、桟橋方面のホームは橋の上に置かれている[6]。この橋こそが停留場名にもなっている高知橋である[6][7]

周辺[編集]

高知橋は江ノ口川に架かる橋梁で、当地に電車が開通する以前より県道の橋として架けられていた[7]。1928年にはりまや橋 - 高知駅前間が開通すると橋上に軌道を敷設、道路と軌道の併用橋となった[7]。現用の橋は1980年(昭和35年)11月に架け替えられた2代目[7]

隣の停留場[編集]

とさでん交通
桟橋線(駅前線)
高知駅前駅 - 高知橋停留場 - 蓮池町通停留場

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 『土佐電鉄が走る街 今昔』101・156-158頁
  2. ^ a b c 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』11 中国四国、新潮社2009年、61頁。ISBN 978-4-10-790029-6
  3. ^ 上野宏人 (2014年10月2日). “とさでん交通:「再出発」 「便利な市民の足に」高知で設立式 新デザインの車両披露”. 毎日新聞 (毎日新聞社) 
  4. ^ a b “とさでん交通が電停の命名権販売 高知県内の鉄道で初”. 高知新聞. (2017年9月30日). http://www.kochinews.co.jp/article/128928 2017年10月1日閲覧。 
  5. ^ a b 川島令三 『四国・九州ライン 全線・全駅・全配線』第2巻 四国西部エリア、講談社〈【図説】 日本の鉄道〉、2013年、38・95頁。ISBN 978-4-06-295161-6
  6. ^ a b 川島令三 『全国鉄道事情大研究』四国篇、草思社2007年、286頁。ISBN 978-4-7942-1615-1
  7. ^ a b c d 『土佐電鉄が走る街 今昔』62-63頁

参考文献[編集]

関連項目[編集]