高田根麻呂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

高田 根麻呂(たかた の ねまろ、生年不詳 - 白雉4年(653年7月)は飛鳥時代豪族冠位大山下。「更の名は八掬脛(やつかはぎ)」とある[1]

出自[編集]

「高田首氏」は『新撰姓氏録』では、「右京諸蕃」に分類され、「出自高麗国人多高子使主也」とあり、高句麗系の渡来氏族である。『日本書紀』巻第十六の武烈天皇3年に、

(こ)の月(つき)に、百済(くだら)」の意多郎(おたら)(みう)せぬ。高田丘(たかたのをか)の上(へ)に葬(はぶ)る。[2]

とあり、この高田丘を拠点としていたとされている。この墓は1725年享保10年)の『大和志』によると、大和国葛下郡岡崎村とあり、現在の奈良県大和高田市岡崎だろうとされている。

記録[編集]

653年白雉4年)、遣唐第2船の大使として、計120名を率いて、に派遣された。このときの位は大山下であった[1]

ところが、同年7月、

大唐(もろこし)に遣さるる使人(つかひ)高田根麻呂(たかた の ねまろ)(ら)薩麻(さつま)の曲(くま)竹嶋(たけしま)の間(あひだ)に、船(ふね)(こぞ)りて没死(おち)りぬ。

とあり、出航からひと月半で、船の衝突により遭難死した。この時、ただ5人だけが胸を一板にかけて、竹嶋へ流れ着いた、という。この5人は6日6夜、何も食べなかったという[3]

遣唐使派遣初期の悲劇であった。この時、北路をとった第1船とは異なり、何らかの事情で南島路をとっていたことが分かる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『日本書紀』孝徳天皇 白雉4年5月12日条
  2. ^ 『日本書紀』武烈天皇3年11月条
  3. ^ 『日本書紀』孝徳天皇 白雉4年7月条

参考文献[編集]

関連項目[編集]