高崎渋川線バイパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高渋バイパスから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
群馬県道25号標識

高崎渋川線バイパス(たかさきしぶかわせんバイパス)は、群馬県高崎市浜尻町と渋川市石原[1]を結ぶ群馬県道25号高崎渋川線のバイパスである。通称は「高渋バイパス」。

概要[編集]

県道高崎渋川線は通過する各市町の中心部を貫く上、高崎 - 渋川間を最短で結ぶ路線であるため全線で交通量が多い。しかし、現道は片側1車線で右折レーンのない交差点が多く、朝夕を中心に激しい渋滞が発生しているため、そのバイパスとして1985年度から事業化され、整備が進められた[2]

第1期区間(高崎市浜尻町 - 同市金古町)は、2002年(平成14年)に小八木町 - 金古町が開通し、2012年には浜尻町 - 小八木町間が完成した[3]。なお、高崎市浜尻町 - 前橋市青梨子町間は4車線で供用されている。

第2期区間(高崎市金古町 - 吉岡町小倉)は、高崎市金古町の上宿交差点 - 仲原交差点が既存の高崎市道を拡幅して供用され、2012年6月9日に仲原交差点から吉岡町上野田の野田宿交差点までが開通し、[4]上野田 - 小倉間は2013年3月27日に開通した。[5]。この区間は暫定2車線で供用されている。

第3期区間(吉岡町小倉 - 渋川市石原[1])は、第2期区間の終点から渋川市石原の現道に接続する経路であり、現道重複区間(行幸田停留所 - 石原)が4車線化され、新規開通区間は2018年4月27日に供用を開始し、全線開通となった[2]。バイパス終点の石原交差点で群馬県道35号渋川東吾妻線渋川西バイパス上信自動車道の一部)と接続する。

主要データ[編集]

  • 起点:高崎市浜尻町(問屋町入口交差点)
  • 終点:渋川市石原(石原交差点)
  • 全長:15.1km
  • 開通:2002年 (全線開通は2018年)
  • 車線数:4車線(一部暫定2車線

通過する自治体[編集]

交差する主な道路[編集]

沿革[編集]

  • 2002年 - 第1期区間の高崎市小八木町 - 金古町間が開通する(暫定2車線)
  • 2012年3月4日 - 第1期区間の高崎市浜尻町 - 小八木町間が開通する[3]
  • 2012年6月9日 - 第2期区間の高崎市金古町 - 吉岡町上野田間が開通する[4]
  • 2013年3月27日 - 第2期区間の吉岡町上野田 - 小倉間が開通する[5]
  • 2018年4月27日 - 吉岡町小倉 - 渋川市石原が開通し、全線開通[6][2]

注釈[編集]

  1. ^ a b 高崎渋川線バイパス 全体計画図”. 群馬県. 2013年1月21日閲覧。PDFファイル
  2. ^ a b c 高崎渋川線バイパス 全線15キロが開通 / 群馬”. 毎日新聞. 2018年4月28日閲覧。
  3. ^ a b 平成24年群馬県告示第61号(群馬県報第8970号、2012年2月24日発行)
  4. ^ a b 平成24年群馬県告示第228号(群馬県報第8999号、2012年6月5日発行)
  5. ^ a b 平成25年群馬県告示111号(群馬県報9079号、2013年3月15日発行)
  6. ^ 平成30年群馬県告示133号 (群馬県報9594号、2018年4月24日発行)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]