高津信三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高津 信三(たかつ しんぞう、1946年 - 2004年10月18日)は、専修大学元教授。専修大学経営学部情報管理学科が改組転換してネットワーク情報学部となった際に、初代学部長を務めた。経営研究所事務局長、21世紀構想会議委員、基本政策検討会議委員などを歴任。

経歴[編集]

「専修ネットワーク&インフォメーション(高津信三教授 追悼号)」[1]に基づき経歴を記述する。

業績・著書[編集]

  • 「多階層システム論」、オペレーションズ・リサーチ、Vol.18, No.6, 1973
  • "Characterization of a Linear Decision Rule", Kybernetes, Vol.10, pp.31-38, 1981
  • "Coordination Principles for Two-Level Satisficing Decision-Making Systems", Systems Science Journal, Vol.7, No.3, 1982
  • "Reconsideration of Present Value Method", European Journal of Operations Research, Vol.18, No.2, pp.230-244, 1984
  • "Multiple-Objective Satisficing Decision Problems", Kybernetes, Vol.13, pp.21-26, 1984
  • (共著)『現代経営情報学概論』、オーム社、1988年
  • (共編著)『経営情報システム』、日刊工業新聞社、1991年

専修大学における教育研究[編集]

専修ネットワーク&インフォメーションの高津信三教授追悼号[1]には、学長をはじめ多くの同僚や弟子から追悼の言葉が寄せられている。高津の人柄を無口ではあるが実行力があると叙述する人が多い。曲ったことが嫌いで潔く、“侍”に譬える者もいる。

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「専修ネットワーク&インフォメーション 高津信三教授追悼号」専修大学ネットワーク情報学会、No.8,2005年