高橋龍太郎 (精神科医)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

高橋 龍太郎(たかはし りゅうたろう)は、日本精神科医。「医療法人社団こころの会」理事長。現代アートのコレクターとしても知られ約2000点を所有、自らの経営するクリニック内にも展示されている[1][2]

人物[編集]

専攻は社会精神医学地域共同体が崩壊した現代においては、精神科医が多くの暴走事件、親の子への虐待セクハラパワハラによる自殺などの当事者の数少ない相談相手たりえるとの考えを持つ。デイケア訪問看護を中心とした地域精神医療のほか、心理相談、ビジネスマンのメンタルヘルスケアにも注力。初診は、本人が診察にあたる。10年以上、ニッポン放送テレフォン人生相談も担当。テレビ番組コメンテーターとしても活躍。[1]

略歴[編集]

小学生時代には引っ越しを何度もしたことで 小学生時代の友人がいない

(以上[1][2]より)

著書[編集]

  • 『仕事も人間関係も「いっぱいいっぱい」にならない方法』(青春出版社)ほか。[1]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]