高橋顕法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高橋 顕法
宮城教育大学硬式野球部 監督 #50
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮城県仙台市長町
生年月日 (1975-01-24) 1975年1月24日(46歳)
身長
体重
189 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1992年 ドラフト8位
初出場 1998年5月10日
最終出場 同上
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

高橋 顕法(たかはし あきのり、1975年1月24日 - )は、宮城県仙台市出身の元プロ野球選手投手)。現在は宮城教育大学硬式野球部監督。

来歴・人物[編集]

大和小2年で野球を始める。蒲町中を経て仙台育英高校に進学する。在学中、同校は春夏の甲子園に4回出場しているものの、高橋自身は肘や腰の故障のためにベンチ入りすら叶わず、3年間で公式戦登板なしに終わる。大学や社会人からも声はかからず、最後の手段として広島東洋カープの入団テストを受験したところ、合格[1]1992年プロ野球ドラフト会議で8位指名を受け入団。全体の最後の78番目の指名だった。この時には契約金を辞退している。

3年間で二軍で通算0勝3敗、防御率9.79と結果を残せずに戦力外通告を受ける。広島時代に指導を受けた古沢憲司の伝手で阪神タイガースの入団テストを受験し合格。移籍1年目には二軍のローテーション投手として6勝8敗1セーブ、防御率3.96と活躍し、ジュニアオールスターゲーム出場も果たす[1]

1998年5月10日の対ヤクルトスワローズ7回戦で一軍初登板を果たすも、その年限りで阪神を退団。任意引退選手となる[1]

引退後は家業のスポーツ店を継いだ。その傍らで、小中学生のソフトボールなども指導していた[2]

2012年5月8日仙台六大学野球リーグに加盟する宮城教育大学硬式野球部のコーチに就任するため、日本野球機構から自由契約選手として公示された[3][4][5]。その後、監督に就任した[1]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1998 阪神 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 5 1.0 1 0 1 0 0 1 0 0 0 0 0.00 2.00
通算:1年 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 5 1.0 1 0 1 0 0 1 0 0 0 0 0.00 2.00

記録[編集]

背番号[編集]

  • 69 (1993年 - 1995年)
  • 61 (1996年 - 1998年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 久保田龍雄 (2020年12月19日). “草野球からプロ入りも…「その経歴でなぜ?」とざわついた過去のドラフト指名”. AERA dot. (アエラドット): p. 2. https://dot.asahi.com/dot/2020121800081.html?page=2 2020年12月22日閲覧。 
  2. ^ “元プロ高橋専任コーチが采配/仙台6大学”. 日刊スポーツ. (2012年8月26日) 
  3. ^ 2012年度 自由契約選手 - 日本野球機構公式サイトより
  4. ^ 元阪神・高橋氏が宮城教育大コーチに - スポーツ報知 2012年5月9日付ウェブ記事 [リンク切れ]
  5. ^ 引退から14年 元阪神高橋氏を自由契約 - 日刊スポーツ 2012年5月8日付ウェブ記事

関連項目[編集]

外部リンク[編集]