高橋雄一 (福島テレビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 雄一(たかはし ゆういち、1948年8月8日[1] - )は、神奈川県大和市出身のフリーアナウンサー

略歴・人物[編集]

中央大学卒業後に一般企業勤務を経て[2]1973年1月福島テレビ(FTV)へ入社。同期には榎本文克がいる。福島競馬の実況アナウンサーとして一部の競馬ファンにおなじみだったが、2006年7月1日付の人事異動において、営業業務局専任局長に就くことになったため、アナウンサー職を離れた。アナウンサーとして最後の仕事は、その1週間後に行われた福島競馬の七夕賞の実況だった。異動後も『エキサイティング競馬』の司会を担当したが、11月をもって卒業した。その後総務部付となり2008年に定年退職。

現在は子会社の福島テレビエンタープライズに移り、FTVカルチャーセンターで朗読講座を受け持っており、2008年10月11日の『サタふく』中継に、その宣伝のために出演した。2012年11月18日に福島競馬場で行われた「実況マスターズ」に出演。メインレースの福島記念の実況を担当し、6年ぶりに競馬実況を行った。2013年には『FTVアーカイブ特選』のナビゲーターを務めていた。

担当番組[編集]

福島テレビ退社後[編集]

  • FTVアーカイブ特選(2013年)

福島テレビアナウンサー時代[編集]

主な実況歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]