高橋薫 (大学教授)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 薫(たかはし かおる、1950年12月27日[1]- )は、日本のフランス研究者中央大学法学部教授

専門はフランス16世紀研究。東京都出身。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

  • 1978年 駒澤大学外国語部講師
  • 1985年 駒澤大学外国語部助教授
  • 1995年 駒澤大学外国語部教授
  • 1996年 中央大学法学部教授
  • 2020年 中央大学定年退職

受賞歴[編集]

  • 日本翻訳家協会翻訳特別賞 (2003年)
(『ラブレーの宗教―16世紀における不信仰の問題』(法政大学出版局)により)

著書[編集]

単著[編集]

  • 『言葉の現場へ―フランス16世紀における知の中層』(中央大学出版部 2007年)
  • 『改革派詩人が見たフランス宗教戦争 アグリッパ・ドービニェの生涯と詩作』 (125ライブラリー) 中央大学出版部, 2011
  • 『〈フランス〉の誕生 16世紀における心性のありかた』水声社 2012
  • 『パトスの受難 考証の時代における追随の文化と自己発露の始まり,フランス近世初期』中央大学出版部 2017
編著
  • 『歴史の可能性に向けて―フランス宗教戦争期における歴史記述の問題』(水声社, 2009年)

訳書[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『文藝年鑑』2016

関連項目[編集]