高橋義治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高橋 義治(たかはし よしはる、大正5年(1916年6月6日  -  昭和61年(1986年7月16日)は、日本実業家。全国朝日放送取締役[1]イ・アイ・イグループ代表取締役会長[1]、日本教育テレビ(現テレビ朝日取締役[2]、慈悲庵、まどか保育園各理事[3]等を務めた。

戦後のモノ不足の時代に輸入物資を売りさばいて財を築いた[2]。いくつかの事業を手がけた後に、日本教育テレビ(現テレビ朝日)の設立に関わり、取締役にも就任した[2]電通顧問高橋治之イ・アイ・イグループ代表高橋治則の父。

来歴・人物[編集]

長崎県・高橋猪之助の長男[3]。高橋家は江戸時代平戸松浦藩藩士だった[4]

法大経済学科卒業[3]。昭和16年(1941年東満洲産業秘書課に入り鉄鋼原料統制会勤務を経て昭和21年(1946年東洋物産常務となる[3]。昭和27年(1952年)SKB鉄砲販売常務に転じ昭和32年(1957年日本教育テレビ創立事務所に入社、総務局次長兼管理部長の後昭和35年(1960年)8月に技術局次長に就任[3]。その後日本教育テレビ取締役、全国朝日放送取締役を務める[1]。1977年3月、イ・アイ・イグループ社長。のち同社会長。1986年、東京にて死去[1]

趣味は旅行写真ゴルフ[3]宗教禅宗[3]

住所は東京都品川区小山[3]長崎県平戸市在籍[3]

家族・親族[編集]

高橋家[編集]

長崎県平戸市[3]東京都目黒区[5]品川区小山[3]世田谷区用賀[6]
大正8年(1919年)8月生[3] - 平成21年(2009年)10月没[6]
昭和19年(1944年)4月生[3] -
昭和20年(1945年)10月生[3] - 平成17年(2005年)7月没
2005年7月18日死去した[7]。死因はくも膜下出血[7]。59歳だった[7]。旧東京協和・安全の2つの信用組合の乱脈融資事件で、背任の罪に問われていた[7]

親戚[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『朝日新聞』1986年7月18日東京朝刊23頁
  2. ^ a b c 『真説 バブル』46ページ
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 第二十一版 人事興信録 』(昭和36年)た一二六
  4. ^ 『真説 バブル』44-45ページ
  5. ^ 『真説 バブル』45ページ
  6. ^ a b 高橋朝子さん死去 高橋治之電通顧問の母
  7. ^ a b c d リゾート王・高橋治則氏の死、未完のバブル再検証