高橋清治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「髙橋淸治」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

高橋 清治(たかはし せいじ、1949年1月 - )は、日本歴史学者。専門はロシア史

東京外国語大学名誉教授

略歴[編集]

  • 1972年3月 東京大学教養学部卒業
  • 1974年3月 東京大学大学院社会学研究科修士課程修了
  • 1979年3月 東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学
  • 1979年4月 東京大学教養学部 助手
  • 1988年4月 愛知県立大学外国語学部 助教授
  • 1993年4月 東京外国語大学外国語学部 助教授
  • 1998年4月 東京外国語大学外国語学部 教授
  • 2009年4月 東京外国語大学総合国際学研究院(国際社会部門・地域研究系)教授(大学院重点化による所属変更)
  • 2013年  東京外国語大学定年退職、同名誉教授

研究業績[編集]

  • 「メスヘチ地方からの民族強制移住 ―「スターリン特別ファイル」、内務人民委員部のアルヒーフ史料を読む」『スラヴ文化研究』第7号、pp.76-92、2008年
  • 「党アルヒーフに『グルジヤ問題』を読む」『スラヴ文化研究』第2号、pp.79-97、2003年
  • 『民族の問題とペレストロイカ』平凡社、1990年
  • 「歴史における民族」(共著、和田春樹編)『ロシア史の新しい世界』山川出版社、pp.134-166、1986年